top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

THE BACK HORN 20年間の歩みを音と魂に込め、3度目の武道館に立つ

SPICE

THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~
2019.2.8  日本武道館

20年間ずっと傍にいるのが当たり前だと思っていたことが、実は特別なことだったと気づくための特別な場所。THE BACK HORNの日本武道館がそういうものであるならば、僕はその幸運を確かめるためにそこへ行こう。2019年2月8日、結成20周年を祝う『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~』のツアー・ファイナル。ほぼ5年置きに周年の節目ごとに開催されてきた武道館公演、これが3度目の晴れ舞台だ。


THE BACK HORN 撮影=AZUSA TAKADA




THE BACK HORN 撮影=AZUSA TAKADA



20年間の歩みを走馬灯の如く駆け足で見せる映像、そして菅波栄純(Gt)が一人会場を盛り上げながら駆け込んで来るその後ろから、ゆっくりと位置に付く3人を包み込む大歓声。すかさず1曲目「その先へ」のイントロと共にぶち上がった炎の柱と、まるでこの記念日の1曲目を想定したかのような<始まりはいつだってここからさ>というフレーズに20年分の思いが滲む劇的なオープニング。3曲目に早くも登場したデビュー曲「サニー」の<今もあの時の気持ちのまま>という歌詞が時を超え胸に沁みる。岡峰光舟(Ba)はどっしり構え、菅波はくるくる回り、松田晋二(Dr)は前のめりビートで煽りたてる、そのど真ん中を突き抜け言魂を届ける山田将司(Vo)の堂々たる歌。気合い十分の幕開けだ。


THE BACK HORN 撮影=AZUSA TAKADA



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル