全キャラ異様な熱量を持つ奇作『左ききのエレン』のみどころ~第2回マンガ新聞大賞ノミネート作~
全キャラ異様な熱量を持つ奇作『左ききのエレン』のみどころ~第2回マンガ新聞大賞ノミネート作~
ネットで話題のかっぴーさんの代表作『左ききのエレン』は、サイトcakes上にてえんぴつマンガの連載から始まったという異色の存在です。今回は、cakes連載版を原作として「少年ジャンプ+」で連載中の...

ネットで話題のかっぴーさんの代表作『左ききのエレン』は、サイトcakes上にてえんぴつマンガの連載から始まったという異色の存在です。

今回は、cakes連載版を原作として「少年ジャンプ+」で連載中のリメイク版『左ききのエレン』をご紹介します。

 

 

 

 

激烈とも言える感性がほとばしる作風で、ネットからブレイクした本作ですが、同じくネットを中心に存在感を示すマンガアプリ「少年ジャンプ+」でリメイクされるというなんともユニークな経歴をたどりました。

 

リメイク版は現在単行本第6巻まで刊行されており、最新刊第7巻は2019年3月発売の予定です。
 

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2017-12-04
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび

 

 

『左ききのエレン』とは?

 

あらすじ

広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一(あさくらこういち)。
納得出来ない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。

そこは、彼が初めて「エレン」という才能と出会った場所で…。
大人の心も抉るクリエイター群像劇、開幕!


 

原作者のかっぴーさんは、武蔵野美術大学を卒業後、広告代理店、面白法人カヤックなどを経て、現在は漫画家として活躍される異色の経歴の持ち主です。
 

リメイク版の作画は、これが初めての連載漫画にチャレンジというnifuniさん。

「少年ジャンプ+」上で行われた、かっぴーさんの別の作品『アントレース』の作画コンペから見出されたとのことです。

 

美大出身というnifuniさんの筆致は、同じく美大出身のかっぴーさんのネームを、なんとも趣のある美麗な作品へと昇華しています。

 

©かっぴー・nifuni/集英社

 

この2人のコンビに『青の祓魔師』『ファイアパンチ』などを立ち上げた集英社の敏腕編集者、林士平さんが編集者として付き、連載前から面白さが約束された原作を、新たな作品としてリメイクしていくことになります。

 

 

『左ききのエレン』登場人物


朝倉光一
作品スタート時点では、広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー、作中で同時に進む学生時代では、絵に自信のある高校生としても描かれる。山岸エレンや上司の神谷雄介の力に圧倒され、影響を受けながら強くなっていく。

 

 

 

山岸エレン
ニューヨークを拠点に活動する謎多きアーティスト。高校時代から現在に至るまで、圧倒的な才能を周囲に振りまく。才能の差が圧倒的であるはずにも関わらず、高校時代自分に挑んで来た朝倉光一には影響をうけていた。

 

 

 

加藤さゆり
エレンとは幼馴染で、光一とは高校からの付き合い。帰国子女で計算高いお嬢様。光一が好き。2人のことを知ることからコントロールを試みるが、それぞれ違う理由でそれ以外の人間のようには手玉にとれず、2人との運命に絡めとられていく。

 

 

 

 

『左ききのエレン』見どころ

 

本作には、才能と出会い圧倒・翻弄される人々の生き様、厳しい仕事に立ち向かう会社員としてのリアルな実情、全編にわたる本気で生きる人間たちからなる名台詞の数々など、見どころと言える点が多くあります。

 

これを一言で言い表すのは至難の業と言えますが、単行本巻末コーナーでこの作品のために募集された「キャッチコピー」の中に、秀逸な表現がありました。

©かっぴー・nifuni/集英社

 

 

この秀逸なキャッチコピーを「才能との対峙」ととらえ、本作をご紹介させていただきます。

 

本作で駆けずり回り、成長していく主人公が朝倉光一だとすると、多くの登場人物に深い影響を与え、圧倒的な光と影を与える主役は、山岸エレンだと言えます。

 

 

©かっぴー・nifuni/集英社

 

 

エレンは、紐解かれていく生い立ちの中で、才能を求め、才能に敗れた父親の影響を色濃く受けていたことがわかります。

 

他人から見れば羨望の的であるその才能も、エレン本人からすると望んで得たものでは無かった節があります。

その力を得たことは、必ずしも彼女の幸せにつながっていたわけではなかったのでした。

 

それでも彼女は、多くの人と出会い、中でも自分以外の才能と出会うことで、自分の中の何かを満たそうとします。

そこで生まれた輝きが、また周囲を翻弄します。エレンにとって、他者の才能と出会い対峙することは、ひとつの生きる糧と言えるのかもしれません。

 

 

高校時代にエレンの才能に打ち砕かれた光一は、もがきながらもクリエイターの道を歩んでいきます。

肥大化した自分を持て余しながらも、少しずつ学び力をつけていく光一。

 

 

©かっぴー・nifuni/集英社

 

 

光一は広告代理店で働き、尊敬する先輩の神谷雄介と働くことを通して、才能に対抗する術を学び、身に着けていきます。

大きな才能を持つエレンや神谷との出会いが、光一に才能との対峙の仕方を否応なく身につけさせていきます。

 

ふたりの幼なじみであるさゆりもまた、常ならば周囲をコントロールできる計算高さという才能を持っていました。

しかしそれも、エレンや光一には通用しません。

 

本編では、それでも力をつけ、さゆりなりの戦い方で才能と対峙していく姿が描かれ続けます。

 

 

©かっぴー・nifuni/集英社

 

 

ヒロインのようでいて、ダークホース的な存在のさゆりが、この後ふたりにとってどんな存在になっていくのか。

物語を追うごとに、深く、ユニークな存在感へと繋がっていくでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

『左ききのエレン』は、原作版がすでに終了しているため、原作としての物語を最後まで読むことは可能です。

 

本記事の筆者も、原作版の最後まで読んではいますが、本作は単純に物語を追うことだけが重要な作品ではありません。

数々の「才能との対峙」というシーンが重要でもあるので、原作版だけではなくリメイク版の結末もまた気になるという不思議な魅力を持っています。

 

原作をすでにお持ちの方は、リメイク版が進んでいくのをじっくり待つもよし。

リメイク版から入った方は、好きなタイミングで原作版に触れるもよしです。

 

才能をテーマとしているようにも見える本作は、読者の感性に従っていかようにも楽しめる作品と言えるのではないでしょうか。

 

 

そして、本作はマンガ新聞が主催する「第2回マンガ新聞大賞」でも156作品の中から、第5位を受賞しました!

これを機に、一部電子書店にて2019年2月21日(木)まで「無料試し読み増量キャンペーン」も実施中なので、ぜひ気になる方は読んでみてください!

 

▼対象書店一覧▼

LINEマンガ/pixivコミック/BookLive!/BookLive!コミック/DMM電子書籍/BOOK WALKER

 

文:菊池健(@t_kikuchi)

 

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2017-12-04
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび
左ききのエレン 2 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 2 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2018-03-02
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび
左ききのエレン 3 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 3 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2018-05-02
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび
左ききのエレン 4 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 4 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2018-08-03
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび
左ききのエレン 5 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 5 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2018-10-04
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび
左ききのエレン 6 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
左ききのエレン 6 (ジャンプコミックス)
著者:かっぴー・nifuni
出版社:集英社
販売日:2019-01-04
  • amazon.co.jp
  • kindle 本
  • コミなび

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」授賞式開催!

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」の授賞式イベントを、2019年2月14日(木)に渋谷で開催予定です!

 

1ドリンク/マンガ1冊もついており、当日はマンガ新聞レビュアー10名によるノミネート10作品の「おすすめプレゼン」も行われます!

興味がある方は、ぜひ【申し込みページ】をご覧ください!

(更新日:2019年2月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME