top_line

草刈正雄と清原翔の心に焼き付いた北海道の冬景色。 4月放送朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り

エンタメステーション

2019年度前期、本年4月より放送される通算100作目の連続テレビ小説『なつぞら』の冬季ロケが、報道関係者に公開された。

『なつぞら』は、戦後の1946年が舞台。戦災孤児になった広瀬すず演じる“奥原なつ”を受け入れたのは酪農一家・柴田家。北海道・十勝の広大な大自然と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちの中で、たくましく成長していく。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、アニメーションの世界にチャレンジする物語だ。
冬季ロケは1月22日(火)よりスタートしており、26日(土)に報道陣に撮影の模様が公開された。同日、短いながらも取材に応じたキャスト陣のインタビューを4回に渡ってお届け。今回は広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつが引き取られた柴田家の頑固じいさん、柴田泰樹役の草刈正雄と、その孫でおっとりとした優しき青年・柴田照男役の清原翔が登場!

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

「真田丸」のスタッフが「なつぞら」にもたくさんいるので、今回もいろいろと楽しませてもらっています。

ーー 冬の十勝でロケをしたことで、どんな思いを抱かれましたか?

草刈 宿からオープンセットまで車で3時間くらいかかるんですけど、その間、飽きることなく外の景色をながめてきました。夏の風景に続いて冬の風景も見られて、とても幸せでした(笑)。40年以上も役者生活をしていますから、北海道ロケはかなりやっていますけど、日本中の中で北海道のロケが一番好きなんですよ。何かこう…僕にとってはビビッとくる土地で、またこうして来ることができたことをうれしく思っています。

ーー 特に印象に残った風景は?

草刈 すべてだねぇ。撮影が終わって、宿に戻る時には相当疲れているんですけど、帰りも一睡もせずに外を眺めていますから(笑)。

清原 僕の印象に残ったことは…とにかく足の爪先が冷たいということですね。

草刈 ワッハッハッ、寒いよなぁ(笑)。 

清原 夏にも来させていただいたんですけど、冬も来てみたら本当に雪景色がすごくて…きれいだなと思いました。東京ではあまり見られない景色なので、印象に残っています。

ーー 清原さん、スキーのシーンに挑戦されてみていかがでしたか?

清原 今まで僕、スキーをやったことがなくて、初めての挑戦だったんですけど、事前に何回か練習させていただいて。12月にも北海道に来させてもらったんですけど、指導してくださる方がすごく丁寧で、本番も何とかなったんじゃないかなと思っております。監督さんからも「よかったよ」と、言っていただきました(笑)。

ーー 草刈さん演じる泰樹さんがまとう毛皮の衣装が、「真田丸」の真田昌幸を彷彿とさせるのですが、スタッフの遊び心だったりするのでしょうか?

草刈 泰樹さんは、昌幸の生まれ変わりです(笑)。それは冗談ですけど、「真田丸」のスタッフが多くて、ディレクター2人もそうですし、何か思い入れがあるんじゃないでしょうか。マタギのような熊の毛皮のチョッキだったり、ヒゲ面もそうですし、結構キャラクターも泰樹さんと昌幸は似ているところがありましてね。そういった意味では、また今回も楽しませてもらっていますよ。

エンタメステーションの本特集では今後もキャストの方々からうかがった十勝ロケのことを中心としたインタビューの模様をお届けします。
次回は、小林隆と音尾琢真が登場。公開をお楽しみに。

2019年度前期 連続テレビ小説『なつぞら』

©NHK

放送予定:4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也 ほか

Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK

フォトギャラリー

草刈正雄と清原翔の心に焼き付いた北海道の冬景色。 4月放送朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便りは、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル