チワワが夜中に遠吠えをする理由とは?救急車のサイレンの音に反応?

チワワが夜中に遠吠えをする理由とは?救急車のサイレンの音に反応?
犬の遠吠えは17時のチャイムや救急車のサイレンなどの大きな音によって起こります。理由は仲間を呼ぶ時や仲間に対しての返答と言われていますが、実際は個体差があり理由は様々です。ここではチワワが夜中に遠吠えをする理由について説明しています。

チワワが夜中に遠吠えをする理由とは?

夜中の遠吠えは近隣の住民に迷惑がかかってしまうので、飼い主にとって大きな負担になります。

チワワの頑固で融通の利かない性格から、1度癖になってしまった遠吠えを改善するのは難しくなります。

無理に止めようとすると、チワワがストレスの解消や本能的に行なっている遠吠えを邪魔された事にストレスを溜めてしまい、悪化や問題行動に発展する事も考えられます。

まずはチワワが遠吠えをする理由について挙げていきましょう。

犬同士のコミュニケーション

犬の祖先であるオオカミは、自分の居場所を仲間同士に伝えるコミュニケーションのツールとして、遠吠えを行なっていました。

他の犬が遠吠えをしてチワワが反応するようであれば、犬同士でコミュニケーションを取りあっていると考えられます。

また、寂しさや飼い主が構ってくれないといった問題を抱えている場合は刺激の足りなさから、他の犬の遠吠えに反応しやすくなります。

この理由が遠吠えの原因になっている場合は、日常的に愛犬と触れ合っている時間が足りているか生活の見直しが必要です。

ストレスの解消

ストレスの原因には運動量やコミュニュケーションの不足から、主従関係の悪化や食事量の不足といった様々な要素があります。

この原因によって遠吠えだけではなく、噛み癖や無駄吠えなどの問題行動が起こり、生活環境の悪化を招きます。

遠吠えをした事を叱ったり、罰を与えたりすると状況が悪化したり体調不良や病気の原因になるため、問題行動の原因を調べて対処しなければなりません。

分離不安障害とは?

分離不安障害は、飼い主や愛着のある場所から離れる事によって、強い不安やストレスを抱えてしまう精神障害です。

アメリカで飼われている犬の約20〜40%の犬に分離不安障害があると報告されています。

犬は成犬になるにつれて、飼い主や愛着のあるものが離れていても耐性が身に付くようになりますが、飼い主に依存する未成熟な子犬は留守や構っている時間が少ないと、離れる事に強い不安を感じます。

また、過剰に溺愛して飼い主に依存するような歪んだ愛情のかけ方によるものも、分離不安障害を引き起こします。

この状況のまま成犬になってしまうと、慣れ親しんだ飼い主や場所にいないことからチワワが強い不安やストレスを抱えてしまう事によって、遠吠えや噛み癖などの問題行動に発展します。

問題行動を起こすだけではなく、ストレスによって体調不良が起こり病気を見逃してしまう恐れがあります。

尿失禁は分離不安障害に表れる行動の1つですが、尿路結石、尿路感染症、糖尿病、腎臓病にも共通した症状なので様子がおかしい場合は病院で検査を受けましょう。

予防するためには子犬の頃からしつけをする事や十分な運動を行い、健全な関係を保ちましょう。

救急車のサイレンの音に反応する理由は?

救急車のサイレンの音は犬の遠吠えの周波数とよく似ているため、チワワが仲間の遠吠えと間違えます。

誤認識したサイレンに犬が反応して遠吠えを行うと、それにつられた複数の犬が同じように遠吠えを行います。

夕方のチャイムも周波数が似ているため、犬は遠吠えをします。

老犬になると遠吠えは増えるの?

遠吠えは子犬の頃の生活環境やストレスなどが原因で起こるということを説明しましたが、老犬になってからも違う事が原因で遠吠えをする事があります。

老化によって身体機能に影響が出ると異常行動や遠吠えが目立つようになります。原因によっては改善が難しくなるため、病院で検査を受けたり薬を処方する事もあります。

今回は老犬になると遠吠えが増える原因について説明します。

認知症・痴呆によるもの

脳に加齢の影響が出ると精神障害や認知症などによる症状にかかる場合があります。

認知症や痴呆の症状は今まで出来たトイレが出来なくなったり、異常行動など生活に影響が出ます。また、認知症によって体内時計が逆転すると、夜中の急な遠吠えが起こります。

病院によっては薬によって治療を行う場合がありますが、悪化の危険性があるため獣医とよく相談してから対処する必要があります。

認知症や痴呆は治療法や薬が無いため、チワワがシニア期(7歳以上)に入ってから予防を心掛けましょう。

体内時計のリセットを行う

夜泣きの原因は老化によって体内時計が狂ってしまっている事が原因です。体内時計をリセットするためにチワワの生活習慣を変えていく必要があります。

方法の1つとして、昼寝を避けて明るいうちに運動させる事が挙げられます。日光浴をする事で体内時計のリセットを行い、夜泣きを予防する事ができます。

老化が進んで運動するのが難しくなった場合は、昼間にマッサージを行い血流の促進を促すと、認知症の原因である動脈硬化を防ぐ他に、代謝を高めて老化の進行を遅らせる効果があります。

刺激を与える運動をする

運動不足は筋肉を衰えさせ、代謝の悪化や老化の進行の原因になります。また、積極的に動く事ができなくなるため、刺激を受ける事が少なくなり結果として認知症や痴呆につながります。

寿命が他の犬種に比べて長いチワワは健康的に生活するためには運動が不可欠です。

老化によって散歩が辛くなるようなら、体重が軽く抱っこしやすいので積極的に外出して刺激を与えるようにしましょう。

部屋の環境を整える

加齢によって関節や筋肉が弱くなると、今まで安全だった床や高低差が原因で怪我をしてしまう事があります。チワワは特に関節が細く華奢な犬種なので、部屋の環境には注意しなければなりません。

しかし、部屋の環境を大きく変えてしまうと物の配置が変わってしまう事で不安を与えたり、視力の低下によって物に当たる事も考えられるため、大きく物の配置を変えてしまうのは厳禁です。

物の配置を変える際は、白内障や緑内障などの視力に関わっている病気が無いか確認して、チワワが少しずつ慣れるようにしてください。

認知症予防のフードは?

認知症は主に老化によって起こる病気ですが、動脈硬化、脳出血、栄養障害などが原因でも発症します。

ここでは認知症を予防するためにどのようなフードがあるのかについて説明します。

DHA、EPAのサプリメント

青魚やサーモンオイルに含まれているDHAやEPAは、血液をサラサラにして血流をよくする効果があります。

また、腸内の環境を改善する効果があるため便秘、被毛や皮膚の艶などにも効果があります。

血中コレステロールを低下させることによって、動脈硬化を防ぎ認知症を予防する成分として取り上げられている他に、腎臓に疾患のあるチワワにも安心して与えられます。

ドライフードがおすすめ

食欲がなくなる高齢期の犬はドライフードよりもウェットフードの方が嗜好性が高いため、積極的に与える飼い主も少なくありませんが、脂質を多く含んでいるウェットフードは下痢になったり、歯の間に残って歯周病の原因を作りやすくするフードです。

ドライフードはウェットフードに比べて脂質が少なく、固いので犬が食べてくれないと思われがちですが、鶏のササミで作った出しやお湯を加えることで柔らかくして匂いを出す事で嗜好性を高める事が可能です。

また、噛む動作は脳に刺激を与える事と、強い咀嚼筋を維持するためにも重要になるので、粒の小さい物にすると噛みやすくなり、飲み込む時に負担を掛けなくなります。

シニア初期にはフードによって消化不良を起こす事もあるので、成犬用からシニアフードに切り替えてください。

遠吠えするチワワと遠吠えしないチワワの違いとは?

遠吠えは生活に問題があったり、老化によって行う場合など様々な理由を紹介してきましたが、全く遠吠えをしないチワワもいます。

遠吠えをしないチワワは住宅街で暮らしている飼い主にとって安心できますよね?

では、なぜ遠吠えをするチワワと遠吠えをしないチワワがいるのかを解説します!

去勢手術による違い

遠吠えをするのは個体差があると言われていますが、中には生活習慣やストレスに関係なく遠吠えを行うチワワもいます。

まず、去勢をしていない発情期のチワワは自分の居場所をアピールするために遠吠えを行う事があります。

去勢をしていないチワワは性ホルモンによって雌を追いかけたり、雄と喧嘩をしたり精神的に不安定な点があります。

去勢手術を行う事で性ホルモンによって起こる、これらの原因が改善される他に、前立腺肥大や精巣腫瘍などの病気も避けられることが出来ます。

室内のチワワが屋外よりも遠吠えが少ない理由

室内で飼育されている事が多いチワワは健全な主従関係やコミュニケーションを取る機会が多いため、屋外の飼育されている犬よりも遠吠えは少ないとされています。

しかし、歪んだ愛情や生活環境の悪化によって遠吠えをしやすくなる事もあるため、室内飼いでも油断は禁物です。

屋外の場合は、飼い主とのコミュニケーションが室内に比べて少ないことに加えて、サイレン、他の犬の鳴き声や匂いなどが感じられやすく様々な要素があるため、遠吠えをやめさせることは難しくなります。

チワワの遠吠えをやめさせる方法とは?おもちゃが有効?

もし、愛犬が遠吠えをするようになってしまったら。生活環境の悪化を避けるためにも改善しなければなりません。

融通が効かないチワワは癖になってしまうと改善が難しくなるので、根気強く遠吠えをやめさせるように努めましょう。

ここではチワワの遠吠えをやめさせる方法や、どんなおもちゃが効果的なのかを説明します。

コミュニケーションの時間を増やす

ストレスによって問題行動や遠吠えをしていると考えられるのなら、コミュニケーションを取ったり散歩をしたりする時間や回数を考え直してみましょう。

若いチワワは常に刺激を欲しがって周りの事を知ろうとするので、退屈させる事はないように心掛けなければなりません。

コミュニケーションの時間を増やす事で、飼い主と信頼関係を築く事が出来る他にチワワが健康に過ごす事も出来ます。

マッサージやブラッシングなど愛犬が好きな事を定期的に行なってあげましょう。

飼育環境の見直し

新居への引っ越しは今までの飼育環境と違うため、チワワは見慣れない場所に対して警戒したり、不安を感じます。

新居に早く慣れてもらうためにも、引越し前の物と同じ物を配置して安心感を与えてください。引越しした後のコミュニケーションもチワワが安全な場所と認識するには重要なポイントです。

サイレンやチャイムにつられて遠吠えをするようなら、音が届かないような場所や防音壁などの部屋にする事も考えましょう。

留守中でも待っていられるためのトレーニング

留守中の遠吠えは飼い主が知らない内に行なっているため、対処が遅れてしまいます。

飼い主が不在の間にチワワがトラブルを起こさないために、留守中でも大人しく待っていられるトレーニングを行いましょう。

まず、チワワにお座りをさせて「待て」をさせます。この際に飼い主はドアに半分隠れるようにして離れます。この際にチワワが「待て」が出来ずに飼い主に近寄ってくるようであれば、元の位置に同じ動作を繰り返します。

ドアに隠れている状態で「待て」が維持できたら、ご褒美をあげる動作を繰り返しましょう。

動作に慣れてきたら「待て」をした状態でドアから完全に隠れます。最初は3秒から始めて、待って入られたらご褒美をあげて褒めてあげましょう。動いた場合は元の位置に戻して同じ動作を繰り返します。

慣れてきたらドアに隠れる時間を徐々に伸ばしていきます。お座りが長引くようであれば「伏せ」に切り替えて行なってください。

時間を伸ばしている状態で愛犬がドアをガリガリ引っ掻いたり、吠えたりしても反応してはいけません。大人しく待っている状態でご褒美をあげる事を繰り返しましょう。

ゲージを覚えさせる事も部屋の中を漁らないための方法につながりますが。中には留守番中のゲージはストレスを感じてしまう事もあるので様子を見ながら移行しましょう。

遠吠えに有効なのはおもちゃ?

退屈な日々を送っているチワワにとって遠吠えは、刺激を受ける楽しい物で癖になってしまいます。

刺激が足りないチワワにはおもちゃを使って、遠吠えよりも楽しく健康的に過ごす事を教えましょう。お気に入りのおもちゃを投げると遠吠えを中断しておもちゃに夢中になる事もあります。

飼い主と一緒にいるようであれば、綱引きやボール遊びなどの運動も必要です。

音がなるおもちゃはチワワが喜んで遊びますが、音につられて吠える事もあるので近隣の住民に負担にならないように配慮が必要になります。

また、お気に入りのおもちゃが壊れないように頑丈な物を選びましょう。

チワワの遠吠えは改善できます!

遠吠えの理由は環境の変化による不安やストレスから、飼い主への依存によるものまで理由は様々です。

まずは遠吠えをしている原因を調べて対処していく事と、遠吠えを未然に防ぐために飼い主は生活環境を整理しなければなりません。

老犬になってボケが始まると改善が難しくなるため、早いうちからの予防や老化の進行を遅らせる手段が必要になります。

チワワは1度癖になったら、何事も改善が難しくなります。問題行動が起こらないように飼い主が準備や計画をしながら学習させていく事も重要です。

更新日:2019年3月15日
提供元:DOG LIFE STYLE

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME