top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『二月競春名作喜劇公演』の「華の太夫道中」で初の太夫役に挑む藤原紀香に聞く~「2019年は大変なことになりそう」

SPICE


新派130年と松竹新喜劇70年が、合わせて200年達成の夢の競演『二月競春名作喜劇公演』を2019年2月2日(土)~23日(土)、新橋演舞場にて上演する。「競春」と冠された通り、両劇団の名作喜劇を二本立てで、しかも各劇団の役者が双方にミックスして出演するという贅沢なコラボレーションだ。演目は「華の太夫道中」「おばあちゃんの子守唄」。このうち「華の太夫道中」は、劇団新派の名作舞台「太夫(こったい)さん」(1955年に花柳章太郎によって初演)を改題した作品で、京都・島原遊郭を舞台に、人々がたくましくも美しく生きてゆく姿が描かれる。本作で初の太夫役に挑戦するが藤原紀香。共演は、波乃久里子、曽我廼家文童、瀬戸摩純、井上恵美子、丹羽貞仁ら。

『二月競春名作喜劇公演』の製作発表記者会見後に、藤原にインタビューを行った。三味線の稽古をすでにはじめ、白塗りも練習中だという彼女、「2019年は大変なことになりそう」と語るが、その表情は明るく、本作への溢れる意欲を感じさせた。


■ひたむきに向かってまいります

——藤原さんは、遊郭「宝永楼」に売られる女性、きみ子(喜美太夫)役ですね。昭和30年の初演以来、名だたる女優の方々が、きみ子役をつとめてきた役です。

藤山直美さん、水谷八重子さん、京塚昌子さんなど、過去のビデオで勉強させていただきましたが、見れば見るほど大役だなと感じます。皆さまがそれぞれの個性で作ってこられたきみ子(=喜美太夫)という役。私になせることがあるのだろうかという思いもありますが、やはり「太夫さん」という名作で、きみ子役をつとめさせていただけるのはとても幸せなこと。ひたむきに向かってまいります。

広告の後にも続きます

——もともとは、新派の名優・花柳章太郎(1894年ー1965年)さんのリクエストに応え、劇作家の北條秀司(1902年ー1996年)さんが書いたものだそうですね。

『演劇太平記』(著:北條秀司)や(波乃)久里子さんのお話から知ったのですが、花柳先生は、北條先生を京都の島原遊郭にあった青木楼というお茶屋に通わせて、食費などもすべて準備なさって自分のために書かせたのだと。現代では、なかなか生まれ辛い渾身の思いがこもった、歴史のある作品なのですね。作品、そして北條先生や花柳先生をはじめ、これまで演じてこられたすべての方への敬意を込めて、このお役に向き合っています。

——色々な方の「太夫さん」をご覧になって、印象に残ったシーンを教えてください。

おえいさんに鈍臭いと怒られた後、おかあはんを気の毒に思い、自身から去っていくところの心情ですとか、ぼん(息子)に会いたいと駄々をこね、おえいさんと一緒に出ていくところなど、脚本を読んでも、しみじみと涙がこぼれてきました。

——どのような点に「新派らしさ」を感じましたか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル