石原さとみが作・長塚圭史、演出・吉田鋼太郎の舞台に出演 『アジアの女』の上演が決定

石原さとみが作・長塚圭史、演出・吉田鋼太郎の舞台に出演 『アジアの女』の上演が決定
2019年9月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて、長塚圭史が2006年に書いた戯曲『アジアの女』...

2019年9月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて、長塚圭史が2006年に書いた戯曲『アジアの女』が、 吉田鋼太郎演出&出演・石原さとみ主演で上演されることが決定した。

本作は、吉田鋼太郎が、これまで俳優として何度も作品に出演してきた盟友・長塚圭史の戯曲を演出する、演劇ファンにはたまらないコラボレーション公演。 吉田は2005年『悪魔の唄』、2008年『SISTERS』、2015年『ツインズ』など、長塚圭史が作・演出を手掛けた作品にたびたび出演してきた。また、自身の劇団AUNでは長年シェイクスピア作品の演出を手がけ、2017年からは故・蜷川幸雄の後を継ぎ彩の国シェイクスピア・シリーズの芸術監督として見事な手腕をみせ演出家としての評価も高まっている。そんな彼が、満を持して長塚の戯曲に挑む。 

学生時代から多くのシェイクスピア作品だけでなく多くの戯曲を読み込み、俳優として演じてもきた吉田ならではの新しい視点で2006年に書かれた戯曲を立体化していく。 

主演は、ドラマや映画で主演を務め活躍しながらも、舞台への並々ならぬ意欲を持つ石原さとみ。昨年2月に4年ぶりとなる舞台『密やかな結晶』に主演し、さらに演劇表現のとりこになった石原が、 これまでにない新たな物語・役柄に挑戦。演出だけでなく出演もする吉田との初共演にも期待が高まる。 

また、確かな演技力と多彩な表現力で舞台だけでなく映像での評価も高い山内圭哉、個性的な存在感で活躍目覚しい矢本悠馬、小劇場に多数出演している水口早香、そして演出を手がけるとともに自身も出演する吉田鋼太郎という全5人の出演者で、濃密な舞台空間になるだろう。 

公演は今秋2019年9月6日~29日まで、Bunkamura シアターコクーン(東京・渋谷)にて上演。東京公演のみ。5月よりホリプロオンラインチケットにて先行予約開始予定だが、詳細は後日発表される。 


作者と、出演者キャスト5名よりコメントが寄せられたので紹介する。

■石原さとみ(主演) 

ーー長塚圭史氏の5人芝居に挑戦する意気込み

吉田鋼太郎さんとご一緒させていただくことが決まり、 作品選びをする中で、 長塚圭史さんの戯曲『アジアの女』に巡り合いました。 この舞台に出たい、 このセリフを言いたい、 このお芝居を勉強したい、 この空気を味わいたい、 という完全に欲の塊の作品です。 
吉田さんに早くダメ出しされたい、 山内さんと早く再会してじっくり作品の話をしたい、 矢本悠馬さん水口早香さんとすぐにでもお会いして人柄を知りたい。 この4人のお芝居を生で体感しただけで絶対に成長できると確信しているので、 稽古はまだ先ですが早く挑戦したいというワクワクした前のめりの気持ちでいっぱいです。 

ーー吉田鋼太郎について 

先日吉田さんとお会いした際、 なんて言葉が的確でわかりやすく、 あたたかく柔らかい方なんだと感激しました。 
あぁこの方に指導していただけるんだぁ、 吉田さんと一緒に舞台が経験できるんだぁ、 と想像し、 ただただ感動しました。 

ーーお客様へのメッセージ 

変わった危うい役柄なので毎日悩み苦しむ2ヶ月になる気がします。 だからこそ、 舞台がやっぱり好きだ、 この学び多い時間が楽しくて仕方ない、 と思える自分になることは間違いありません。 
お客様に沢山の想像と深読みを楽しんでもらえるような空気や時間になりますように。 
がんばります!

■吉田鋼太郎(演出・出演) 

作家としても演出家としても俳優としても大変敬愛している演劇人、 長塚圭史氏の作品『アジアの女』を演出し、 また、 出演させていただくことを大変光栄に思っております。 そして、 石原さとみという稀有な才能を持った女優を筆頭に素晴らしい俳優陣と仕事が出来ることがとても楽しみであり、 また、 重責であるとも感じております。 
まずは、 圭史に怒られないよう頑張らなくっちゃ。

ーー石原さとみについて 

世間一般的に正統派のイメージがあるとすれば、 本当の彼女は決してそうではないような気がしています。 極端に言えば、 観客に憎まれるような、 「石原さとみにこんな一面があったのか」と思わせるそんな彼女を観てみたいです。 

■長塚圭史(作)

 『アジアの女』がまさかこんな贅沢な形で再演する機会を得ようとは思ってもいませんでした。 演出の鋼太郎さんを始め、 石原さんや山内くんに13年前のこの作品を託せることが素直にとても嬉しいです。 『アジアの女』は絶望の果ての、 ですね。 どうしたら無力な自分に期待できるのか。 愚かな社会に期待できるのか。 つまり人間どもに、 それはやっぱり自分なのかもしれませんが、 全ての愚か者たちに期待したくて紡いだ戯曲です。 当時新国立劇場の芸術監督を務められていた栗山民也氏に、 まだまとまり切らぬ新作の構想を四苦八苦しながら話したところ、 ミヒャエル・エンデを薦めて頂きました。 改めて読み直すと、 そうした私の絶望が、 希望の種に変わっていったのです。 その片鱗さえ見られないのかもしれませんが、 私の中ではものすごくミヒャエル・エンデな、 もっと言いますと「モモ」や「サーカス物語」のようなところに著しく共感して書き上げた戯曲です。 劇中の大地震は関東大震災をモチーフにしました。 東日本の大震災が起きる前に書いた戯曲が、 2019年にどう響くのか、 とても楽しみです。 

■山内圭哉 

吉田鋼太郎さんと共演させてもらってからというもの常に鋼太郎さんと芝居したい思うようになりました。 そなもん二つ返事でやらせてもらいます。 共演だけでなく演出も受けれるのですからそなもん金払てでもやらせてもらいます。 で、 元はと言えば鋼太郎さんと自分を引き合わせてくれたのは長塚でした。 幸せな公演です。 
大事に丁寧に演じたいと思います。 劇場へお越し下さい。 

■矢本悠馬 

俳優を始めて8年目、 駆け出しの頃とても小さな役で舞台には出演したことはありますが、 精神的に今回の作品は、 舞台初挑戦というつもりで挑みたいと思ってます。 
吉田鋼太郎さんとは映像のほうで同じ作品を何度も共演させてもらってますが、 直接絡むことが一度もなかったので、 ワクワクどきどきしています。 そして、 主演の石原さとみさん、 可愛いすぎますよね。 ワクワクどきどきしてます(笑)

■水口早香 

吉田鋼太郎さんや石原さとみさんをはじめ、 憧れていた方たちとご一緒できることが未だ夢のようです。 稽古初日には緊張も興奮もしていると思いますが、 思い切り飛び込むつもりで、 今の自分の全てを尽くしたいと思います。 

<あらすじ> 
大災害によって壊滅した町で半壊した家に住み続ける兄と妹。 兄、 晃郎(山内圭哉)は酒浸りとなったが、 かつて精神を病んでいた妹、 麻希子(石原さとみ)はむしろ回復しつつある。 書けない作家一ノ瀬(吉田鋼太郎)が現れ、 元編集者の兄に「物語を書かせろ」と迫る。 麻希子に思いを寄せる巡査の村田(矢本悠馬)は、 家を出ない兄妹の世話を焼き見守っている。 純粋さと狂気のハザマにいる麻希子。 麻希子は「ボランティア」と称した売春組織元締めの鳥居(水口早香)の誘いに乗り、 生活のため働きだす。 ついに家を出る麻希子、 出る事が出来ない晃郎、 麻希子をモデルにした物語を書き出す一ノ瀬……。

 

更新日:2019年2月11日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME