top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

石原さとみが作・長塚圭史、演出・吉田鋼太郎の舞台に出演 『アジアの女』の上演が決定

SPICE

2019年9月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて、長塚圭史が2006年に書いた戯曲『アジアの女』が、 吉田鋼太郎演出&出演・石原さとみ主演で上演されることが決定した。

本作は、吉田鋼太郎が、これまで俳優として何度も作品に出演してきた盟友・長塚圭史の戯曲を演出する、演劇ファンにはたまらないコラボレーション公演。 吉田は2005年『悪魔の唄』、2008年『SISTERS』、2015年『ツインズ』など、長塚圭史が作・演出を手掛けた作品にたびたび出演してきた。また、自身の劇団AUNでは長年シェイクスピア作品の演出を手がけ、2017年からは故・蜷川幸雄の後を継ぎ彩の国シェイクスピア・シリーズの芸術監督として見事な手腕をみせ演出家としての評価も高まっている。そんな彼が、満を持して長塚の戯曲に挑む。 

学生時代から多くのシェイクスピア作品だけでなく多くの戯曲を読み込み、俳優として演じてもきた吉田ならではの新しい視点で2006年に書かれた戯曲を立体化していく。 

主演は、ドラマや映画で主演を務め活躍しながらも、舞台への並々ならぬ意欲を持つ石原さとみ。昨年2月に4年ぶりとなる舞台『密やかな結晶』に主演し、さらに演劇表現のとりこになった石原が、 これまでにない新たな物語・役柄に挑戦。演出だけでなく出演もする吉田との初共演にも期待が高まる。 

また、確かな演技力と多彩な表現力で舞台だけでなく映像での評価も高い山内圭哉、個性的な存在感で活躍目覚しい矢本悠馬、小劇場に多数出演している水口早香、そして演出を手がけるとともに自身も出演する吉田鋼太郎という全5人の出演者で、濃密な舞台空間になるだろう。 

広告の後にも続きます

公演は今秋2019年9月6日~29日まで、Bunkamura シアターコクーン(東京・渋谷)にて上演。東京公演のみ。5月よりホリプロオンラインチケットにて先行予約開始予定だが、詳細は後日発表される。 


作者と、出演者キャスト5名よりコメントが寄せられたので紹介する。

■石原さとみ(主演) 

ーー長塚圭史氏の5人芝居に挑戦する意気込み

吉田鋼太郎さんとご一緒させていただくことが決まり、 作品選びをする中で、 長塚圭史さんの戯曲『アジアの女』に巡り合いました。 この舞台に出たい、 このセリフを言いたい、 このお芝居を勉強したい、 この空気を味わいたい、 という完全に欲の塊の作品です。 
吉田さんに早くダメ出しされたい、 山内さんと早く再会してじっくり作品の話をしたい、 矢本悠馬さん水口早香さんとすぐにでもお会いして人柄を知りたい。 この4人のお芝居を生で体感しただけで絶対に成長できると確信しているので、 稽古はまだ先ですが早く挑戦したいというワクワクした前のめりの気持ちでいっぱいです。 

ーー吉田鋼太郎について 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル