ユーベからのカタール移籍。マンUのオファーを拒否してまで決断した理由は?
ユーベからのカタール移籍。マンUのオファーを拒否してまで決断した理由は?
 ユベントスに所属していた31歳のモロッコ代表DFメディ・ベナティアは、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを蹴ってカタール1部のアル・ドゥハイルSCへ移籍する道を選んだ。その理由について明かし…

 ユベントスに所属していた31歳のモロッコ代表DFメディ・ベナティアは、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを蹴ってカタール1部のアル・ドゥハイルSCへ移籍する道を選んだ。その理由について明かしたと、7日に英紙『メトロ』が報じている。

 2016年7月にバイエルン・ミュンヘンからの期限付き移籍でユベントスに加入した後、ユベントスが買い取りオプションを行使して完全移籍。セリエA優勝やコッパ・イタリア制覇などに貢献している。

 だが、今季は公式戦6試合の出場にとどまっていた。そして今年の1月29日、移籍金800万ユーロ(約10億円)でアル・ドゥハイルへ完全移籍することに。この時、ユナイテッドからもオファーが届いていたが、プレミアリーグへ行く選択肢を選ばなかった。

 その理由について、ベナティアは「僕の決断をリスペクトしてほしい。家族にとってベストな選択だったんだ。子供たちをイスラム教の環境の中で育てたかった。UAEやサウジアラビアに行くことも出来たが、よく知る人たちがたくさんいるカタールのクラブを選ぶことにした」とコメントしている。

(更新日:2019年2月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME