巨人・菅野智之投手 王者・広島相手に覚悟のマウンド/いざ、開幕投手!
巨人・菅野智之投手 王者・広島相手に覚悟のマウンド/いざ、開幕投手!
春季キャンプで順調に調整を進める巨人の菅野智之 V奪回に向かう船出を任せられるのは、菅野智之しかいな

春季キャンプで順調に調整を進める巨人の菅野智之

 V奪回に向かう船出を任せられるのは、菅野智之しかいない。2年連続通算5度目の大役。すでに昨年11月に原辰徳監督が、「それ(開幕投手)は間違いないところでしょうね」と、12球団最速で明言している。

 球団歴代でも屈指の存在となった日本のエースだ。昨季セ・リーグの投手主要3タイトル(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)に加え、2年連続の沢村賞に輝いた。原監督の提案により、今季から背番号も「19」から「18」に変更。並々ならぬ思いを胸に、3月29日の広島戦(マツダ広島)の先発マウンドに上がる。

「143分の1と捉えるんじゃなくて、本当に大きい試合になると位置づけている。それだけの覚悟とプレッシャーは感じて、マウンドに上がるつもりでいます」

 開幕戦登板は通算3勝1敗だが、今度の相手はチームが昨季7勝17敗1分けと大きく負け越し、リーグ3連覇を許した王者・広島。その上、11年ぶりのビジター開幕となるが、菅野は「去年あまり勝てていないマツダでのスタートになるし、勝てばチーム的にも勢いに乗ると思う」と前を向く。開幕戦先発4勝となれば、別所毅彦(51、53、56、55年)と斎藤雅樹(93~96年)の持つ球団記録に並ぶ。

 春季キャンプでは左腕の今村信貴を投手キャプテンに指名して成長を促すなど、自身の鍛錬のみならず、チーム作りにも力を注ぐ。まずは序盤戦の行方すら左右しかねない開幕戦へ向け、刃を研ぐ。

写真=BBM
(更新日:2019年2月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME