FLOW 10年ぶり2度目の武道館公演。会場はロック、J-POP、アニソンのジャンルを越えた“チームFLOWだった”

FLOW 10年ぶり2度目の武道館公演。会場はロック、J-POP、アニソンのジャンルを越えた“チームFLOWだった”
15th Anniversary Final 「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~」 2019年1月30日 日本武道館 やり方がわからなくて、やたら興奮して、あっという間に終わってしまう。 […]

15th Anniversary Final
「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~」
2019年1月30日 日本武道館

やり方がわからなくて、やたら興奮して、あっという間に終わってしまう。初めての時というのは、何だってそんなものだ。だからこうして、二度目があることが嬉しい。2019年1月30日、およそ10年4か月振りに臨む、FLOWの日本武道館単独公演。あの時確かにそこにいたことは覚えているが、何だかあっという間で、細部の記憶がない。だから今度はじっくり噛み締めて焼き付けよう。それが10年間、FLOWを聴いてきたファンの楽しい義務であり責任だ。

18時30分ちょうど、照明が落とされると同時に、2階席のてっぺんまでがペンライトで真っ赤に染まる。「行くぞ武道館、神祭り!」 吼えるKEIGO、降り注ぐ大歓声。どちらもやる気満々、打ち合いゲームの予感漂う中、オープニングは最新シングルからの「Break it down」。世界を股にかけるライブ・バンドとしてのプライドを見せつける、ゴリゴリにハードなミクスチャー・ロックが、祭りの始まりの合図だ。

KEIGOが仮面をつけ強烈なデス・ボイスを放つ「JOY TO THE WORLD」、KOHSHIが切れ味鋭いラップをぶちかますファンク・ミクスチャー「7th Heaven」、「タオルぶん回すぞ!」というKEIGOの号令で、オーディエンスが一斉に振り回す腕で旋風が巻き起こった「Steppin’out」。FLOWがJ-POPバンドだと思ってる奴は今すぐ謝れ、90’sミクスチャー育ちの骨太なルーツを見せつける超強力チューン4連発だ。GOT’Sがスラップをビンビン打ち込み、TAKEが得意の足上げポーズを決めて強烈な歪みギターを鳴らす。このテンポが続いたらIWASAKIは30分でたぶん死ぬ。いや大丈夫、今のFLOWの生命力は過去最強だ。

「10年振りに来たぞ、日本武道館! ド平日に、こんなに集まってくれてありがとう。とんでもない1日にしようね!」(KEIGO)

猛スピードで駆け抜ける「赤いサイレン」から、ステージ上で炎がぶち上がる「Red Hot Riot」へ。赤いペンライトが活躍したあと、「ブレイブルー」で一気に青に塗り替わり、「COLORS」で武道館全体が七色で満たされる“色シリーズ”。誰が思いついたか知らないが、実にグッジョブ。序盤のゴリゴリ・ミクスチャーから、シーケンスを加えたダンス・ロック路線へ、曲の流れもスムーズだ。「COLORS」で、TAKEが気合いの入った表情でソロを弾いている。彼の作曲とアレンジ能力の驚くべき開花が、この10年間のFLOWのエンジンだった。しかし今夜はただのギター小僧。バンドマンであることを、精いっぱい楽しんでいる姿が眩しい。

「昨日、寝られへんと思ったらすぐ寝られた(笑)。みなさんのおかげでここまで来れました。15周年の締めくくり、楽しんでください」(IWASAKI)

「10年前のTシャツ着てる人、見えてるよ。今日1日、楽しんでいきましょう!」(GOT’S)

「またこの地にみなさんをご招待できたことが嬉しいです。10年間培ってきたライブ神曲をぶつけていきます」(TAKE)

FLOW流応援歌を――珍しくTAKEが曲紹介した「メロス」は、インディーズ時代の、向こう見ずな若さと野心をたっぷり詰め込んだパンク・チューンを、円熟の演奏で力強く聴かせる。希望という夢を乗せ明日へと走れ――。青くさい歌詞が今こそ沁みる。何事も続けるものだ。そして冬なのに、いや冬だからこその「常夏エンドレス」で、武道館がダンスフロアと化す。きれいに揃ったジャンプと手振り、客席の盛り上がりは見ているだけで楽しい。楽しければ何だっていいのだ。

アニメ・タイアップの多い中、FLOWがドラマ主題歌を手掛けたのはこれまで2曲。その「音色」と「Answer」を立て続けに演奏し、哀愁を帯びたラテン歌謡調の「音色」、エレクトロ・ダンス・ロック調の「Answer」、そして明るく弾むロックンロール「Shakys」へ、マイナー調からメジャー調へと広がる展開が気持ちいい。デビュー16年でフル・アルバム10枚、メジャー・シングル33枚のレパートリーの中から“LIVE BEST”を選ぶこの日のセトリ。どこを切ってもFLOWのエッセンスが瑞々しくほとばしり出る。

「10年かかっちゃったけど、またここに立てて本当に嬉しいです。ありがとう」(KEIGO)

お茶目なMCが得意なKEIGOが、いつになく真面目な口調で話し出す。FLOWはどんなバンドか?と聞かれたら、みんなでライブを作り続けているバンドですと今なら答える。日本/海外、アニメ/ロック、そんなものはどうでもいい。その日しか作れないライブをやっていく。この日のためだけに曲を作りました。みんなで歌って一つになって完成する曲です――。そう言って歌った、ライブ初公開の新曲「ONENESS」。打ち込みのグルーヴとバンドを融合させた穏やかで力強いビート、TAKEが弾く優しいアコースティック・ギター、そしてオーディエンスのコーラスが加わって初めて完成する、壮大なミドル・バラード。夢見る僕らでいよう。共に唄い繋ぐ世界--。まっすぐなメッセージと美しいメロディが胸に沁みる、これが新しいFLOWのアンセム。

暗転、余韻、しばしの静寂。さあ次は? スクリーンが作動し、メンバーの姿が一人、二人、五人…七人。オーディエンスは、次に何が起きるかを知って大騒ぎだ。「俺たち七人がFLOW×GRANRODEOだ!」 KEIGOが叫んだ瞬間、閃光と共に爆音が弾けた。KISHOW、KEIGO、KOHSHIがめまぐるしくフォーメーションをチェンジしてステージ最前線を駆け回り、e-ZUKAとTAKEがスリルたっぷりのギター・バトルを繰り広げる。曲は「Howling」。この二組でしかありえない、ド派手でヘヴィでグラマラスなロックンロール。

曲が終わってもテンションが下がらないKISHOWが、帰りたくなくてトークを引き延ばしにかかり、KEIGOのツッコミを浴びる。e-ZUKAがいつものようにボケ倒しながらも、「TAKEちゃんが“GRANRODEOを武道館に呼べたのが嬉しい”って言ってくれたんだよ」としみじみ言う。ユーモアたっぷりのやりとり、仲良きことは美しき哉。高速メタルで強烈ダンスな「7-seven-」を演奏し、嵐のように去っていった二人。これぞ神祭り、ハイ・テンションの極み也。

「飛んで叫んで拳あげて、歌い切ろうぜ!」(KEIGO)

皆の者覚悟はいいか? ライブは後半、ここからは怒涛のキラー・チューン祭りだ。ペンライトを振り回して踊りまくるダンサー集団・リアルアキバボーイズの援護を受け、「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」で一気にぶち上がると、「HERO~希望の歌~」は再びステージに炎の柱が立ち、「Sign」ではKOHSHIがサングラスをかなぐり捨て、歌え!とばかりにオーディエンスにマイクを突きつける。「風ノ唄」ではスモークがステージを白く美しく染め、鉄板キラー・チューンの代表曲「GO!!!」へとなだれ込む怒涛の展開。西スタンドから東スタンドまで伸びた長いウィングを全力疾走、しかも二度三度とシャトル・ランを繰り返すKOHSHIとKEIGOは、もはやボーカリストというよりアスリートだ。間奏では恒例のウェーブが見事にスタンドをぐるりと一周、さらにゴールドのテープを盛大に発射するおまけつき。いつ何時誰であってもとことん楽しませる、FLOWのライブ哲学ここにあり。

「2003年のデビューからずっと、ライブハウスを中心に15年やってきました。何で続けてこれたか?というと、そこにみんながいてくれたからです」(KOHSHI)

天井に手が届く程のライブハウスから、どんどん手が届かないところに来たような気がしてた。でも今日は、手が届きそうな気がする。5人では何もできない。すべての人たちに15年ぶんの思いを伝えさせてください。「本当にありがとうございました」。この言葉しかない。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします――。KOHSHIの一世一代のMCを聞けただけでも、今日のオーディエンスはラッキーだ。「みんなはどんな未来を描きますか?」 そう問いかけて歌った、本編ラスト・チューン「Garden」。穏やかな風に揺れる草原のように、たくさんの手が振られる。その一人一人がFLOWの歴史を作ってきた。一つになる、というライブの慣用句を、本当に感じられる瞬間。その時、武道館はチームFLOWだった。

アンコール。3月3日、この日のライブがWOWOWで放送。4月10日、3年振りのオリジナル・フル・アルバム『TRIBALYTHM』リリース。5月26日、全国6か所のツアーがキック・オフ。KEIGOが読み上げる、嬉しいニュースにオーディエンスが沸いた。すかさず初披露したアルバムからの新曲「PENDULUM」は、ゲーム「コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ」テーマ曲。「コードギアス」のアニメ映像をバックに、スピード、スリル、哀愁メロディを兼ね備えた、FLOWらしいエモさいっぱいのロック・チューンがライブに映える。

「これから先、みんなと、もっともっといい景色を見たいと思います。ラスト、俺たちの始まりの歌!」(KEIGO)

2003年7月、メジャー・デビュー・シングル「ブラスター」。地図を広げ行こう、まだ見ぬ未来を目指して――。何だか初めて聴いた曲のように瑞々しい。あれからずいぶん時間が経った。FLOWはロック、J-POP、アニメソングというフィールドを股にかけ、ボーダーを飛び越えるバンドになった。曲を締めくくる大ジャンプも見事に決まった。これだけ高く跳べる限り、FLOWは大丈夫だ。

2時間半、全25曲。「LIVE BEST」の名にふさわしい、これが2019年1月のFLOWの現在位置。感傷の入る隙間もない、徹底的な前進思考。次の武道館はまた10年後? それはちょっと、こっちも体力的に難しくなるから早めにやってほしいかな。デビュー15年を過ぎてなお上昇中、走れよFLOW、未来は永遠に白いキャンバスだ。

取材・文 / 宮本英夫 撮影 / 柴田恵理

15th Anniversary Final
「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~」
2019年1月30日 日本武道館

セットリスト

01. Break it down
02. JOY TO THE WORLD
03. 7th Heaven
04. Steppin’out
05. 赤いサイレン
06. Red Hot Riot
07. ブレイブルー
08. COLORS
09. メロス
10. 常夏エンドレス
11. 音色
12. Answer
13. Shakys
14. ONENESS
15. Howling
16. 7 -seven-
17. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
18. HERO~希望の歌~
19. Sign
20. 風ノ唄
21. GO!!!
22. ANTHEM
23. Garden
Encore
EN1. PENDULUM
EN2. ブラスター

3月3日(日)21:00〜 WOWOWにて
15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館〜神祭り〜」オンエア決定!

※放送時間は編成上の都合により変動の可能性あり

<番組HP>https://www.wowow.co.jp/flow/

リリース情報

2019年4月10日(水)
FLOW 11th ALBUM 『TRIBALYTHM』リリース。

・初回生産限定盤(CD+BD)KSCL3143~4 ¥6,926+税 
・通常盤(CD)KSCL3145 ¥3,000+税

ライブ情報

FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」

5月26日(日) 横浜Bay Hall
6月9日(日) 福岡DRUM LOGOS
6月15日(土) 札幌ペニーレーン24
6月22日(土) なんばHatch
6月29日(土) 名古屋ダイアモンドホール
7月6日(土) 仙台Rensa
※詳細はオフィシャルサイトで。

FLOW

KOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)の5人組ミクスチャーロックバンド。
兄弟であるKOHSHI(兄、Vo)、TAKE(弟、G)が1993年から音楽活動を始め、1998年にFLOWを結成。99年にKEIGO(Vo)、GOT’S(Ba)、2000年にIWASAKI(Dr)が加わり現在の形となる。
2003年にシングル「ブラスター」でメジャーデビュー以来、シングル33枚、オリジナルアルバム10枚をリリース。15年走り続けてきたFLOWはこれまでに50以上のタイアップを受け、ロックバンドとしては類を見ないほど幅広い層に支持されている。
特にこの1年は、これまでにコラボレーションを重ねてきたアニメ「NARUTO –ナルト-」「コードギアス 反逆のルルーシュ」「交響詩篇エウレカセブン」「ドラゴンボールZ」などの歴代アニメ主題歌・関連曲にフォーカスを当て、15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」と題した全国と中南米でのツアーを行い、アニメ・ロックといった音楽のジャンルを超えた熱いライブを全世界で繰り広げた。
海外での活動にも精力的に取り組み、アジア、北米、南米、ヨーロッパなど、18ヶ国以上でライブを行い、日本のアニメ文化に通ずるファンからも絶大な人気を誇り、”ライブバンド”として国境を越えて音楽を届けている。また、メンバー個々も他のミュージシャンとのセッションや楽曲提供、舞台音楽制作を行い、TVやバラエティ番組で見せる親しみやすいキャラクターも老若男女のファンを惹きつけている。
2019年1月には、10年ぶりの2度目の日本武道館公演を成功させ、公演の最後には2019年4月10日(水)に、3年ぶりのオリジナルアルバム「TRIBALYTHM」の発売決定がアナウンスされた。このアルバムを引っさげた全国6都市を回るFLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」も開催決定。活動も16年目に突入し、まだまだ勢いの止まらないFLOWから目が離せない。

オフィシャルサイト
http://www.flow-official.jp

FLOW 10年ぶり2度目の武道館公演。会場はロック、J-POP、アニソンのジャンルを越えた“チームFLOWだった”は、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年2月11日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME