第一弾はアイナ・ジ・エンド(BiSH)とコラボ! DISH//、アルバム『Junkfood Junction』発売に先がけデジタルシングル3曲の存在を発表
第一弾はアイナ・ジ・エンド(BiSH)とコラボ! DISH//、アルバム『Junkfood Junction』発売に先がけデジタルシングル3曲の存在を発表
4人組ダンスロックバンド、DISH//が、4月3日(水)に2年半ぶりのニューアルバム『Junkfood Junction』をリリース。このたび、アルバム特設サイトが開設され、最新アーティストビジュアル、ジャケットアートワ […]

4人組ダンスロックバンド、DISH//が、4月3日(水)に2年半ぶりのニューアルバム『Junkfood Junction』をリリース。このたび、アルバム特設サイトが開設され、最新アーティストビジュアル、ジャケットアートワーク、収録曲概要など、その豪華な全貌が一挙に発表された。

今アルバムの全体コンセプトには、“中毒性”や“ごちゃ混ぜ”を意味する『JUNKFOOD(ジャンクフード)』という言葉が掲げられ、その世界感を打ち出した不思議かつ意味深なアートワークやアーティストビジュアルを打ち出している。

収録される楽曲も超豪華ラインナップ。iTunes JPOP Chartで1位を記録した同名ドラマ主題歌「僕たちがやりました』(2017年8月リリース)、アニメ『銀魂』銀ノ魂篇のオープニングを飾った「勝手にMY SOUL」(2018年2月リリース)、そして自身最高となるオリコンウィークリーチャート2位を記録した最新シングル「Starting Over」(2018年7月リリース)など強力なシングルが並ぶ。

そして、今アルバムに先がけたデジタルシングル3曲の存在を発表! “3つの音楽のスパイス”と銘打たれた、人気アーティスト3名とのコラボ曲や提供曲が先行配信され、アルバムにも収録される。

第1弾は、楽器を持たないパンクバンド、BiSHのメンバー、アイナ・ジ・エンドとのコラボレーションが実現。「SING-A-LONG feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」は、2月7日(木)にリリース。DISH//として初の女性アーティストとのコラボとなる。

第2弾は、実力派3ピースロックバンド、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也が手がけた楽曲「ビリビリ☆ルールブック」が、2月28日(木)にリリース。なお、本楽曲では田淵もベースで参加している。

第3弾は、昨年紅白歌合戦にも出演した注目のシンガーソングライター、あいみょんによる楽曲(タイトル未定)が、3月13日(水)にリリース。あいみょんは2017年リリースのDISH//のシングル「僕たちがやりました」収録の「猫」以来、今作が2度目の楽曲提供となる。

この発表にあわせ、早くも第一弾アイナ・ジ・エンド(BiSH)とのコラボ曲「SING-A-LONG feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」のティザー映像が、アルバム特設サイトにて公開されている。

2019年1月某日、摂氏0℃に迫ろうという深夜、横浜港の倉庫にて撮影を敢行。極限状態とも言える環境の中で表現されたパフォーマンスを収めた今映像作品では、ヒリヒリとした緊張感と哀調を帯びた表情とともに、DISH//とアイナ・ジ・エンドが共鳴したことによる互いの息遣いを感じられる熱くエモーショナルな作品に仕上がっている。

DISH//は今後、3月2日(土)より、愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホールを皮切りに全5公演に及ぶ全国ツアー 『DISH// SPRING TOUR 2019「Dress Up A Burnt Whole Cake!!!!」』を開催。そして8月18日(日)には、自身最大規模となる富士急ハイランド・コニファーフォレストでの大型野外ライブを開催する。

【DISH// 北村匠海 コメント】
BiSHさんには、名前からしてもずっとシンパシーを感じてました。そして、2017年7月の対バンライブ『DISH// やる気マンマン2マン TOUR』で初共演した際に、アイナさんのボーカルとしての存在感や表現力の素晴らしさを目の当たりにして。今回、僕にはないエッジの効いた歌声のアイナさんと一緒に歌えたことがうれしいですし、ロックバンドとして一歩、前進できたコラボになったんじゃないかと思います。

【DISH// 橘 柊生 コメント】
今、すごく輝いているアーティストさんとコラボできるっていうれしさがでかいです。アイナさんのハスキーでちょっとパンクっぽい歌声が、匠海の歌声をいい意味で乱しにきてくれている感じがします。また、MVも、DISH//の明るいポップな感じというよりは、BiSHさんに影響を受けたような壮大な内容になっているので、MVでもしっかりコラボできたなって思います。

【DISH// 矢部昌暉 コメント】
今までもいろんなアーティストさんに曲を作ってもらったり、ライブを一緒にやったこともあったんですけど、フィーチャリングで歌ってもらうことは初めてなので、DISH//にとって新しい刺激になりました。MVも今までのDISH//にはないダークな感じになっているので、新しいDISH//や新しい自分を表現できたんじゃないかなって思ってます。

【DISH// 泉 大智 コメント】
<2019年、DISH//行くぞ!>っていう思いにふさわしい、勢いのある1曲になったんじゃないかなって思います。アイナさんの歌声、ハモリがあってこその曲になっているので、いずれライブにも参加してもらいたいです!

【BiSH アイナ・ジ・エンド コメント】
対バンイベントに呼んでいただいたときからすごく優しい人たちで、いいグループっていう印象だったので、一緒にやれることになって、光栄のひと言です。今回はとにかく匠海くんのボーカルを聴いて、そこに自分の声を乗せていくっていう形だったので、アイナ・ジ・エンドを出すというよりかは、DISH//に全力で寄り添うという気持ちで歌ってました。映像で男性と10秒以上目を合わせて、手を合わせたのは初めてだったんですが、すごいイケメンだなって思いながらただ見つめてたら終わりました(笑)。

リリース情報

2019.02.07 ON SALE
DIGITAL SINGLE「SING-A-LONG feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」

2019.02.28 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ビリビリ☆ルールブック」
※Words & Music:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)

2019.03.13 ON SALE
DIGITAL SINGLE「タイトル未定」
※Words & Music:あいみょん

2019.04.03 ON SALE
ALBUM『Junkfood Junction』

[初回限定盤 A/CD+DVD]

[初回限定盤 B/CD+DVD+40P BOOK]

[期間生産限定盤/CD]

[通常盤/CD]

ライブ情報

DISH// Spring Tour 2019
03/02(土)愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
03/03(日)大阪・NHK大阪ホール
03/21(木・祝)宮城・チームスマイル・仙台PIT
04/19(金)千葉・市川市文化会館 大ホール
04/20(土)千葉・市川市文化会館 大ホール

富士急ハイランド・コニファーフォレスト公演
08/18(日)山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレスト

『Junkfood Junction』特設サイト
http://dish-sp.com

DISH// オフィシャルサイト
http://dish-web.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC

第一弾はアイナ・ジ・エンド(BiSH)とコラボ! DISH//、アルバム『Junkfood Junction』発売に先がけデジタルシングル3曲の存在を発表は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2019年2月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME