フレッシュネスバーガーの没メニュー「ブルーベリーチーズバーガー」を食べてみた / 味は見た目よりもずっと控えめ
フレッシュネスバーガーの没メニュー「ブルーベリーチーズバーガー」を食べてみた / 味は見た目よりもずっと控えめ
飲食店のメニュー開発は、創意工夫の連続だ。人気商品や看板メニューを作り上げるのに、途方もない手間と時間がかかっ […]

飲食店のメニュー開発は、創意工夫の連続だ。人気商品や看板メニューを作り上げるのに、途方もない手間と時間がかかっている。チェーン店であれば、無事にメニューに載るまでの間に何度も何度も失敗を重ねているに違いない。

そんなメニューの屍(しかばね)に光を当てる、『有吉弘行のダレトク!?(フジテレビ系)』の人気コーナー、没メニューレストランは画期的であると同時に、メニュー考案者たちの苦労が報われる企画ではないだろうか。

2019年2月5日放送の番組で取り上げられたのは、ハンバーガーチェーンのフレッシュネスバーガー。翌6日より販売開始となった没メニューは「ブルーベリーチーズバーガー」(単品480円)である。一体どんな味がするのだろうか? 実際に食べてみたぞ!

・奇抜なメニュー

没メニューレストランではこれまでに、かつやの「生姜焼きとん汁定食」や、ガストの「さば味噌ドリア」など、名前を聞いただけで没になった理由がわかりそうな、奇抜なものが採用されている。

今回のフレッシュネスの商品もまた、ハンバーガーではほとんど使われることのないブルーベリーを具材に選んでいる点が興味深い。

使用している具材はブルーベリーとカッテージチーズ。それにベーコンとパティ(肉)を挟んでいるとのこと。味のほどはいかに!? 最寄りの店舗で購入して持ち帰った。

・理想と現実……

袋を開けてみると……。

メニュー写真と見た目が違う気がするけど、仕方がないか……。テイクアウトだし。

見た目はいいんだ! 食って味がよければそれでいいんだ!! テイクアウトのハンバーガーがしぼむのは、致し方のないこと。フレッシュネスに限ったことではない! という訳で、中身を見てみる。

味付けにバルサミコソースを使用しており、その色がバンズについていて、なかなか毒々しい。

ブルーベリーとチーズが主役ではあるが、チーズの量は思ったよりも控えめだ。そして、ブルーベリーとバルサミコの甘酸っぱい香りがほのかに漂っている。

・甘味よりも酸味

実際に食べてみると、粒の大きなブルーベリーの食感が際立つ。そして、バルサミコソースの酸味が全体の味を統一していて、非常にバランスよく仕上がっている。ベリーの甘味が勝ち気味なのかと思ったらそうでもなく、むしろバルサミコの酸味が味全体を支配しているといった印象。

ビーフパティの存在感も控えめで、肉々しさもほとんど感じられない。ハンバーガーでありながら、ハンバーガーらしさを感じない一品である。個性的な見た目ではあるが、味は結構おとなしい。興味のある方は一度ご賞味を。意外性に驚くかも?

参考リンク:フジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」、フレッシュネスバーガー「ブルーベリーチーズバーガー」(PDF)、
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

(更新日:2019年2月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(グルメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME