top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

狩野英孝も!言動が痛くて見ているのがつらい芸能人って?

JOOKEY

世の中には様々な職業がありますが、その中でも特にイメージや好感度が大事な芸能人たち。

SNS上で何気ない一言をつぶやいたつもりでも、今やあっという間に批判の嵐にさらされてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、言動が痛くて見ているのがつらくなる芸能人について、10代から40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

■質問内容

言動が痛くて見ているのがつらくなる芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:井上裕介(NON STYLE) 20.0%
2位:狩野英孝 17.0%
3位:手越祐也 16.0%
4位:川谷絵音 15.0%
5位:西野亮廣(キングコング) 14.0%
6位:品川祐(品川庄司) 9.0%
7位:中島健人(Sexy Zone) 8.0%
7位:斎藤司(トレンディエンジェル) 8.0%
9位:木村拓哉 6.0%
9位:赤西仁 6.0%
9位:菊池風磨(Sexy Zone) 6.0%
9位:木下隆行(TKO) 6.0%
9位:西川貴教 6.0%

●1位 井上裕介(NON STYLE) 

広告の後にも続きます

1位には、井上裕介さんがランクインしました。

2000年にコンビ結成し、数々のバラエティや漫才の賞レースなどでも活躍する井上さんは、近年では自他ともに認めるナルシストキャラとして有名です。

良くも悪くもSNSに投稿する内容が自己陶酔しすぎて痛い、ナルシストな性格が前面に出てきて見ていて辛い、など批判もたくさんある井上さん。

しかし自らを「スーパーポジティブである」といい、ツイッター上で受けるネガティブな暴言全てに明るく時に優しくポジティブな言葉で返すなど、見事な切り返しを披露しており、そのポジティブ発言に勇気づけられているファンの方も多いようです。

●2位 狩野英孝

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル