top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大坂なおみに迫る国籍選択の決断 日本移住選ぶと10億円課税

女性自身

“絶対女王”の誕生に世界中が熱狂している。全豪オープンで日本人初の優勝を果たした大坂なおみ(21)。昨年の全米オープン優勝に続き、グランドスラム2連覇。さらにはアジアで初となる世界ランキング1位の快挙を達成した。だが、彼女は全豪優勝後のインタビューでこう語っている。

 

「世界ランキング1位は私のゴールではない。全仏で優勝したい。どのトーナメントでもいいプレーをしたい」

 

21歳ながら、次々と歴史を塗り替えていく大坂。そんな彼女は今“大きな決断”を迫られている。

広告の後にも続きます

 

「ハーフである彼女は現在、日本とアメリカの国籍を持ついわゆる二重国籍です。日本の法律では、今年10月に迎える22歳の誕生日までにどちらかの国籍を選択しなくてはなりません。法的な罰則自体はないので、なかには二重国籍のまま生活する人もいます。しかしスポンサー契約も多く抱える大坂選手は、どちらかに決める必要があるでしょう」(日本テニス協会関係者)

 

これまでも「日本代表として東京オリンピックでプレーして金メダルを獲るのが夢」とたびたび語ってきた大坂。しかし、夢の実現には大きな壁が立ちはだかっている。アメリカの税制だ。日本国籍を選択することで、実に多くのデメリットが出てくるというのだ。日米公認会計士兼日米税理士で国際会計アドバイザーも務める福留聡さんはこう解説する。

 

「アメリカは日本と同じ累進課税制ですが、いちばん高いところでも37%。地域によっては最大で55%になる日本と比較してもその差は一目瞭然です。さらに大坂選手が生活しているフロリダは州税もありません。日本にも控除はあるとはいえ、納税額だけ見るとアメリカに住んでいるほうがいいでしょうね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル