決して入るな「がん保険」がん治療費はせいぜい50万円

決して入るな「がん保険」がん治療費はせいぜい50万円
  15年間、保険の営業マンとして働き、内部事情を知り尽くした後田亨氏は、「保険は1万円を入れられたら3000円の手数料が引かれるATMのようなもの」と断言する。 「2人に1人は、がんになる時代です」と言われ、がん保険に...

 

 15年間、保険の営業マンとして働き、内部事情を知り尽くした後田亨氏は、「保険は1万円を入れられたら3000円の手数料が引かれるATMのようなもの」と断言する。

 

「2人に1人は、がんになる時代です」と言われ、がん保険に入った人も多いだろう。だが、がん治療にかかる医療費をご存じだろうか。

 

 

「がんは医療費でいうと、多くの場合、50万円ぐらいですむのです。そもそも保険は、お金を用意する『手段』。自分で用意できない場合だけ、保険に入ればいいんです。

 

 たとえば自動車保険。車の事故で人を死に至らしめたら、数億円の賠償が必要かもしれないから、高い手数料を払っても保険に加入する。これは正しい判断です。

 

 でも、がん保険の場合、がんの医療費が50万円ですむなら、出せる人はたくさんいると思う。だったら高い手数料を払ってまで保険に入る必要があるのか。

 

 しかしそこで、正しい判断ができなくなる。不安のあるなしではなく、金額の大きさで決めるべきです」(後田氏、以下同)

 

 がん保険のCMでよく耳にするのが「先進医療は数百万円かかる」というフレーズ。健康保険でカバーできないような自費診療を受けることに、意味はあるのか?

 

「そもそも『先進医療』というネーミングが間違っていて、じつは実効性が証明されていない医療が『先進医療』なんです。健康保険の対象の『標準医療』は数百万円もかかりません。実証データが不足している治療法を試したい人はどうぞ、ということです」

 

「さらに健康保険なら、『高額療養費制度』のほかに、病気や怪我で仕事に就けない人のため、欠勤4日めから最長1年半まで標準報酬日額の3分の2を支払う、『傷病手当金』もあります(冒頭の表を参照)。それでもがん保険が必要か、よく考えてください」

うしろだとおる
1959年生まれ。日本生命で10年間営業職を務た後、複数の保険を扱う代理店に転職。その後、独立。著書に『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』ほか

 

(週刊FLASH 2019年2月12日号)

更新日:2019年2月8日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(マネー)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME