top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北翔海莉と峯岸みなみが初共演 別世界で活躍する二人が語る、『ミュージカル ふたり阿国』への思いとは

SPICE

2019年春、皆川博子の小説『二人阿国』が明治座でミュージカル化される。やや子踊りの踊り子・阿国(北翔海莉)と、彼女に憧れ、反発し、すべてを奪おうと企む“二代目おくに”ことお丹(峯岸みなみ)を中心に、安土桃山時代から江戸時代へと移り変わる波乱の世を生きる民衆の姿を描く物語。演出の田尾下哲が、脚本も中屋敷法仁と共に手がけ、作曲・音楽監督を玉麻尚一が務める。宝塚歌劇団を卒業し、初めて明治座公演の座長を務める北翔と、これが舞台二作目となる峯岸に、作品への思いを聞いた。

ーーそれぞれの役柄についておうかがいできますか。

北翔:歌舞伎の第一人者というか大元となる、女歌舞伎の創始者で、日本にエンターテインメントを作り出した、究極のエンターテイナーである阿国を演じます。いろいろな本や角度から阿国を見てみたときに、人を喜ばせる、人をあっと驚かせるびっくり箱のようなものは、どの時代も変わらないなと。特に今回の作品における阿国は、私たち役者、ステージに立つ者にとって、とても共感できるような、非常に入っていきやすい人物像だなと思いました。峯岸さんが演じるお丹、彼女が阿国に憧れる感情も、誰もが通る道であるように思えて……。セリフ一つひとつに重み、重量感があって、改めて阿国にアドバイスをもらっているような感じがします。そういう部分でも、この作品、この役にめぐりあえて本当によかったなと思います。


北翔海莉



峯岸:私が演じるお丹は、能に魅せられ、そこから芸の道を目指して、阿国という存在に出会い、そこから必死に自分を磨いていく役柄です。自分がまだ何もないところから始まり、舞台の中盤から後半にかけてはかなり立派な存在になっていなくてはいけないんだと脚本を読んで思いました。これは、急にお丹になろうと思ってもなれるものじゃない、まずは峯岸みなみとして芸に対するベースを作らなくてはいけない、というプレッシャーを感じています。稽古はまだ始まっていませんが、基礎を学ばせていただいてしっかり作った上でちゃんとお丹を演じていくことが大事だと思っています。彼女も、芸に目覚めてから、阿国を追い越すために、たくさん努力したと思うんです。いっぱい積み重ねた上で、阿国に追いつけ追い越せの存在になっていくと思うので。

広告の後にも続きます

ーー今回初共演となりますが、お互いの印象はいかがですか。

峯岸:今日でお会いするのが三回目なんですが、そのたびに、すごいなと思うところがたくさんあります。初めてお会いしたときのオーラですとか、読み合わせをしたとき、そこにもういる阿国感、取材での受け答え一つひとつにしても、自分とは違うステージの方だなと感じました。その方と一騎打ちするという今回の舞台は、すごくプレッシャーを感じつつ、きっとたくさん学ばせていただけると思うので、阿国を目指すお丹同様、北翔さんからたくさん学ばせていただけたらと思っています。

北翔:いえいえ、私も、アイドルの方と共演させていただくというのが本当にありがたいです。自分がもっていないかわいらしさがありますから、女としてしっかり学ぼうと思うところがいっぱいあってですね(笑)。ポスターの写真撮影のときも、お衣装を着たら何にでもぱっと変身できる峯岸さんがいたので、今回のような和物の作品は、今まで表現してきたことのなかったジャンルかもしれませんが、新しい扉を開けることができる方なんだなということがすごく伝わってきました。今回、他の共演者の方々も含め、学んできた世界が全然違いますけれど、その化学反応が本当におもしろいことになりそうだなと感じています。

ーー宝塚とAKB48にはいろいろ共通点もあるような。

峯岸:ほとんどないと思います(笑)。

北翔:両方とも女の世界だよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル