top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

デヴ・パテル初監督作『モンキーマン』8月23日公開 ジョーダン・ピールがプロデュース

Real Sound

『モンキーマン』©Universal Studios. All Rights Reserved

 デヴ・パテルの監督デビュー作『Monkey Man(原題)』が、『モンキーマン』の邦題で8月23日に公開されることが決定した。

参考:『ジョーカー』非公式パロディ映画が北米公開 ジョーダン・ピール製作の復讐アクションも

 本作は、母を殺されすべてを奪われた1人の男の壮絶な復讐劇。監督・脚本・主演を務めたパテルが、構想に8年という歳月をかけ完成させたアクション映画。プロデューサーには、『ジョン・ウィック』シリーズの制作スタッフと、『ゲット・アウト』『NOPE/ノープ』などを手がけたジョーダン・ピールが名を連ねている。元々は世界配信に向けて製作が進められていたが、ピールが「劇場で観てもらうべき作品だ」と劇場で公開することにこだわったという。

 母を殺されたキッド(デヴ・パテル)は、夜な夜な開催される闇のファイトクラブで猿のマスクを被り、「モンキーマン」を名乗る“殴られ屋”として生計を立てていた。人生のどん底で、過去のトラウマと戦い、苦しみながら生きてきた彼は、ある日、自分から全てを奪った奴らのアジトに潜入する方法を見つける。何年も押し殺してきた怒り、母と自分の人生をめちゃくちゃにした奴らへの復讐を誓ったキッドの目的はただ一つ「奴らを殺す」こと。今、彼の人生をかけた壮絶な復讐劇が幕を開ける。

 第31回サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞した本作。4月5日に全米で公開されると、『ゴジラxコング 新たなる帝国』に次ぐ初登場2位を記録した。

広告の後にも続きます

 この作品は、架空のインドの都市を舞台に、デヴが幼いころから熱中して観ていた『燃えよドラゴン』のような香港アクションのエッセンスと、自身の中で「復讐」というジャンルを全く新しいレベルに引き上げた韓国映画の復讐アクション、そして『ジョン・ウィック』のようなハリウッドアクションのスタイリッシュさとスケールを融合させるものとなっている。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル