top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

現役女王を“あと一歩”まで追い詰めた大坂なおみに元王者ら反応「見応え抜群」「決勝に値すべき試合だ…」

THE DIGEST

現役女王を“あと一歩”まで追い詰めた大坂なおみに元王者ら反応「見応え抜群」「決勝に値すべき試合だ…」(C)THE DIGEST
 壮絶な打ち合いがレジェンド達をも魅了しているようだ。

 現地5月29日、テニス四大大会「全仏オープン」の女子シングルス2回戦が行なわれ、産休からカムバックを遂げた元世界ランク1位の大坂なおみ(現134位)は、大会3連覇を狙うイガ・シフィオンテク(ポーランド/1位)と対戦。先にマッチポイントを握りながらも6-7(1)、6-1、5-7で敗れ、5年ぶり4度目の3回戦進出とはならなかった。

【関連記事】大坂なおみ、女王シフィオンテクにマッチポイントから惜敗するも「キャリアの中で最も楽しい試合だった」【全仏オープン】<SMASH>
  完全復活へ向けて着実に歩みを進めている大坂。注目を集めたこの一戦では、タイブレークの末に第1セットを落とすも、第2セットを取り返してセットオールに。ファイナルセットで先にブレークし、第9ゲームでマッチポイントを迎えたが、そこからシフィオンテクが反撃。一気にゲームを連取され、2時間57分で惜しくも力尽きた。

 この試合中には、グランドスラムで3度の優勝を誇る元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/75位)が公式X(旧ツイッター)を更新。目がハートになった顔文字を添え、「オオサカvsシフィオンテクの試合が見応え抜群。WTA(女子テニス協会)はこのようなマッチアップをもっと活かす必要がある!」と興奮気味に反応していた。

 さらに、グランドスラム通算6勝のボリス・ベッカー(ドイツ)は、「シフィオンテクとオオサカの試合が素晴らしい!」と自身のXに投稿。女子シングルスでグランドスラム18勝を挙げているクリス・エバート(アメリカ)も「この試合…決勝に値すべきだ…」と呟いており、2回戦とは思えないハイレベルな内容に圧倒されていたようだ。

 なお、窮地を切り抜けたシフィオンテクは、これで6年連続6度目の3回戦進出。次のラウンドでは、マリエ・ボウズコワ(チェコ/42位)、ヤナ・フェット(クロアチア/135位)の勝者と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】現役女王を“あと一歩”まで追い詰めた大坂なおみのプレーをチェック‼
【PHOTO】シフィオンテク、大坂なおみら全仏オープン2024で奮闘する女子選手たち
【PHOTO】2年4カ月ぶりに4大大会で勝利!全仏オープン1回戦での大坂なおみを厳選ショットで紹介
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル