top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

反論応酬の激突!蓮舫と田崎史郎「壮絶4日間バトル」で完全和解が成立しない「ショートメール問題」

アサ芸プラス

 5月30日放送の「ひるおび」(TBS系)で、政治ジャーナリストの田崎史郎氏がつぶやいた「それが…まだ来てない」というひと言。これはいったい、何だったのか。

 発端は5月27日、立憲民主党の蓮舫氏が7月7日に投開票される東京都知事選への立候補を表明した日に遡る。

 立憲民主党本部で会見を開いた蓮舫氏は、

「政治と金の自民党。自民党政治の延命に力を貸す小池都政をリセットする」

 と威勢よく語り、小池都知事への対決姿勢を示した。

広告の後にも続きます

 すると同日「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した田崎氏が早速コメント。

「蓮舫さんの攻撃性を都民がどう判断するか。引いちゃう人もいるかも」

 さらに「Live News イット!」(フジテレビ系)では、

「蓮舫さん、はたして何をやりたいんですか。都政に国政を持ち込みたいんですか、と。じゃなくて、都政をどうするか、と語ってほしいわけです」

 立て続けに蓮舫氏を牽制した形だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル