top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

奈緒 傷つかないために見て見ぬふりをする姿 それでも隠しきれない本音 「先生の白い嘘」本編映像

映画スクエア

 2024年7月5日より劇場公開される、鳥飼茜の同名漫画を原作とした映画「先生の白い嘘」から、4分の本編冒頭映像が公開された。うそと本音が入り混じる違和感に満ちた映像となっている。

 冒頭映像は、主人公の美鈴(奈緒)の「人間を2つに分けたとして、必ずどちらかが少しだけ取り分が多い、とわたしは感じている」と、心の内に秘める人の不平等さについてのモノローグから始まる。場面は一転し、居酒屋で待つ美鈴が映し出され、そこに美鈴の親友の美奈子(三吉彩花)と美奈子の恋人の早藤(風間俊介)がやってくる。一見どこにでもいる友人同士に和気あいあいとした雰囲気に見えるが、それぞれに何か含みを帯びたヒリついた会話が繰り広げられる。

 そんな中、唐突に美奈子が早藤と婚約したことを美鈴に告げる。少し間をおいて美鈴はぎこちない笑みを見せ「おめでとう」と伝える。そこからシーンは、美鈴の職場である高校へと移り変わる。美鈴はいつもどおり学校に行き、生徒たちを教卓から見下ろして、ひそかに自尊心を満たす。そして、無機質な表情と声で「それでは授業、始めます」と口にする美鈴の姿が映し出される。傷つかないために見て見ぬふりをし、うそをつく。それでも隠しきれない本音が垣間見える美鈴を捉えたシーンとなっている。

 「先生の白い嘘」は、ひとりの女性が抱える”自らの性に対する矛盾した感情”や、男女間に存在する”性の格差”に向き合う姿を描くことで、人の根底にある醜さと美しさを描き出したヒューマンドラマ。男女の性差に翻弄され葛藤する主人公の原美鈴を、奈緒が演じる。

【作品情報】
先生の白い嘘
2024年7月5日(金)全国ロードショー
配給:松竹ODS事業室 / イノベーション推進部
©2024「先生の白い嘘」製作委員会 ©鳥飼茜/講談社

 
   

ランキング(映画)

ジャンル