top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

奥智哉“丘十郎”、前田拳太郎“大作”と息を合わせて成功させた華麗な剣舞にうっとり「圧倒される!」の声<君とゆきて咲く>

WEBザテレビジョン

前田拳太郎と奥智哉がW主演を務めるドラマ「君とゆきて咲く~新選組青春録~」(毎週水曜夜0:15-0:45、テレビ朝日※関東ローカル)の第6話が、5月29日に放送された。丘十郎(奥)が大作(前田)と息を合わせて成功させた華麗な剣舞シーンが注目を集め、SNSでは「剣舞のシーン息も瞬きもできなかった」「すごく圧倒される! かっこええ!」と絶賛する声が寄せられた。(以下、作品のネタバレを含みます)

■「君とゆきて咲く~新選組青春録~」とは

本作は、史実を織り交ぜながら隊士たちの葛藤を描いた、手塚治虫氏の隠れた名作「新選組」を原作とした“シン・時代劇ドラマ”。幕末の時代を生き、はかなく散っていった新選組隊士たちの青春群像劇を、殺陣パフォーマンスや剣舞を取り入れた新たなスタイルで描く。

近藤勇や沖田総司、芹沢鴨など、新選組メンバーを中心に実在の人物も登場するが、物語の中心となるのは、オリジナルキャラクターとして描かれる深草丘十郎、鎌切大作という若き二人の隊士。二人は熱い友情を育んでいくものの、いつしか時代の波に翻弄(ほんろう)され、互いに殺し合わなくてはならない悲壮な運命へとなだれ込んでいく。

物語の主人公となる大作と丘十郎を演じるのは、前田拳太郎と奥智哉。「仮面ライダーリバイス」(2021年~2022年、テレビ朝日系)で共演経験のある二人が、本作では熱い友情で結ばれた新選組の若き隊士を演じる。

また、二人を取り巻く新選組隊士には、杢代和人(原因は自分にある。)、羽谷勝太、柊太朗、庄司浩平、簡秀吉、藤岡真威人、阪本奨悟、永田崇人、三浦涼介、高野洸ら、舞台から音楽、SNSまでさまざまなステージで活躍する若手キャストが集結。なかでも、「人生が変わる、シン・時代劇オーディション『真剣 SHINKEN』~新選組への道~」と題したオーディションで南無之介役を勝ち取った羽谷のほか、ともに最終審査を戦った柊太朗、庄司、上野凱らがどんな躍動を見せるのかも注目される。


■丘十郎は剣舞の技の練習に励むが、苦戦する

文久3(1863)年の京都。お人好しの父・七也(戸次重幸)が営む小さな茶屋で働く深草丘十郎(奥智哉)は、慎ましくも誠実に日々を生きていた。ところがある夜、店に逃げ込んできた佐幕派藩士をかくまった七也が、長州藩士の庄内玄悟(上野凱)に斬り殺されてしまい、その穏やかな日常が一変。丘十郎は父の敵討ちを心に誓い、強くなるため壬生浪士組に入隊する。

壬生浪士組の念願だった会津藩への謁見が決まり、隊士たちは会津藩主の前で剣舞を披露することに。丘十郎は大作と組んで披露する剣舞の技の練習に励むが、思うように決められず苦悩する。

■丘十郎たち壬生浪士たちは華麗な剣舞を披露する

沖田(藤岡)からも指南を受けて練習するが、丘十郎は沖田の言う“自然体”の境地には到達できそうにない。

そんな中、芹沢(三浦)が発した思いがけないひと言をきっかけに、丘十郎はその境地にたどり着くヒントを得る。胸によみがえってきたのは、壬生浪士組への入隊試験で大作と出会ったあの日の記憶だった。そして、いよいよ謁見の日がやって来る。

そろいの羽織を身に着け、山南のかけ声と和太鼓とともに剣舞が始まる。日頃の練習の成果を見せ、華麗な剣舞を見せる隊士たち。丘十郎も大作と息を合わせ、失敗すること無く無事にやりおおせるのだった。

花びらが舞うように美しい剣舞はうっとりするほど見ほれてしまった。SNSでも「剣舞のシーン息も瞬きもできなかった」「すごく圧倒される! かっこええ!」「最後のキメで全員ビシッと止まるのかっこいい」と絶賛する声が寄せられた。

◆構成・文=牧島史佳


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル