top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事

テニス365


勝利したシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日にシングルス2回戦が行われ、第2シードのJ・シナー(イタリア)がワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク124位のR・ガスケ(フランス)を6-4, 6-2, 6-4のストレートで下し、2年ぶり4度目の3回戦進出を果たした。この試合の第1セットではボールボーイがポイント中に動いてしまい、ポイントがやり直しとなる珍しい場面があった。

>>【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト!<<

>>錦織 圭vsシェルトン 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、ジョコビッチ、シナーら全仏OP組合せ<<

22歳で世界ランク2位のシナーが同大会に出場するのは5年連続5度目。最高成績は2020年の8強となっている。

今大会は1回戦で世界ランク46位のC・ユーバンクス(アメリカ)を下し2回戦に駒を進めた。

地元フランスのガスケと顔を合わせた3回戦の第1セット、シナーは第7ゲームで先にブレークを果たすと、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。このゲームの1ポイント目では、ラリーの途中にボールボーイがボールがアウトしポイントが終了したと勘違いして動いてしまいポイントがやり直しとなる珍しいハプニングが発生。それでもシナーは気持ちを切らさずこのゲームをキープし、第1セットを獲得した。

その後もシナーはガスケに流れを渡さず、第2セットと第3セットで2度ずつブレークに成功。自身のサービスゲームではガスケのブレークを1度に抑え、2時間15分で快勝した。

勝利したシナーは3回戦で世界ランク56位のP・コトフと対戦する。コトフは2回戦で同98位のS・ワウリンカ(スイス)を下しての勝ち上がり。

[PR]第5日は「錦織vsシェルトン」などお届け!
全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル