top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」

テニス365


(左から)シフィオンテクと大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は日本時間30日(現地29日)、シングルス2回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク134位の大坂なおみを7-6 (7-1), 1-6, 7-5のフルセットで破り6年連続6度目の3回戦進出を果たした。試合後の会見でシフィオンテクは大坂について言及した。

>>【動画】大坂なおみ 世界1位シフィオンテクに惜敗、決着の瞬間<<

>>錦織 圭vsシェルトン 1ポイント速報<<

>>内島 萌夏、シフィオンテクら全仏OP組合せ<<

22歳で世界ランク1位のシフィオンテクが同大会に出場するのは6年連続6度目。2020年と2022年と2023年に優勝を飾っており、今大会では3連覇と4度目の優勝を狙っている。1回戦では予選勝者で世界ランク148位のL・ジャンジャン(フランス)を下し2回戦に駒を進めた。

出産を経て今シーズン復帰した元世界ランク1位の大坂との顔合わせとなった2回戦の第1セット、シフィオンテクは第3ゲームで先にブレークに成功したものの、第8ゲームでブレークバックを許し、このセットはタイブレークに突入する。それでもシフィオンテクはタイブレークで序盤から4ポイントを連取。大坂に1ポイントしか与えずこのセットを獲得する。

しかし第2セット、シフィオンテクは大坂の攻撃的なプレーに主導権を握られ3度のブレークを許し、1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、シフィオンテクは第2ゲームで先にブレークを奪われる苦しい展開となりゲームカウント2-5と後がなくなる。それでも大坂のサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームでブレークバックを果たし土壇場で追いつくと、第11ゲームでもブレークを奪い、2時間57分の激闘を制した。

試合後の会見でシフィオンテクはこの一戦を振り返った。

「論理的に考えるのは難しいわ。本当に緊張感があって、本当にハイレベルだった。第3セットでは苦戦したけれど、この試合になんとか勝つことができた。抽象的な話だけど、諦めなくてよかったわ」

「(ファイナルセットで2-5となり)正直、勝てるとは思っていなかった。私はかなり繊細だからね。でももっといいプレーをするために努力したという事実は変わらない」

また対戦した大坂についても言及した。

「彼女が戻ってきてくれて嬉しい。彼女のテニスは、大きな舞台にふさわしい。彼女は素晴らしいテニスをしているので、そこにいるべきだと思う」

「彼女は今日素晴らしいプレーをした。彼女が戻ってきたことには大きな敬意を抱いている。彼女は苦労してきたからね。もう1つ、彼女は母親でもある。私はそのような状況になったことがないけれど、2つのことを両立させて産休から復帰するのは大変だと思う」

さらに大坂のクレーコートでのプレーについては「驚いた。クレーコートでは最高のテニスをしていないと本人も言っていたからね。だから試合前には何も想定していなかったけれど、彼女の今日のショットは本当にきれいで、本当に強烈だった」と述べた。

勝利したシフィオンテクは3回戦で世界ランク42位のM・ブズコバ(チェコ)とラッキールーザーで本戦入りした同135位のJ・フェット(クロアチア)の勝者と対戦する。

[PR]第5日は「錦織vsシェルトン」などお届け!
全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】2024最新ウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル