top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

木南晴夏、『ビリオン×スクール』でフジ金9ドラマ初出演 山田涼介と凸凹最強バディに

Real Sound

(左から)木南晴夏、山田涼介『ビリオン×スクール』©フジテレビ

 7月5日よりフジテレビ系で放送がスタートする山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演の金9ドラマ『ビリオン×スクール』に木南晴夏が出演することが決定した。

参考:山田涼介×学園ドラマの組み合わせは間違いない! 初の教師役も“ぴったり”な役柄に?

 本作は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描くオリジナルストーリーの学園コメディー。

 私立絵都学園で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってくる。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(山田涼介)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だったのだ。時代は変われど、思春期の子どもたちが抱える問題の根底は変わらない。それなのに、教育現場は変わる一方。怒ってはいけない、何かを強制してはいけない、呼び捨てにしてはいけない、生徒に踏み込み過ぎてはいけない……。「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をぶち壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が現れる。

 木南が演じるのは、山田演じる加賀美の秘書兼ボディーガードの芹沢一花。幼い頃から加賀美家に仕えてきた秘書で、加賀美が絵都学園へ赴任するにあたり、芹沢も副担任として“ゼロ組”に潜入する。毎度ズレた発言をする加賀美に対して毒舌気味に訂正、ツッコミを入れる。その態度から加賀美をなめているようにも見えるが、加賀美の本当の良さを理解し、加賀美を守るためなら何でもするという頼れる存在である。だが、その胸の内にはある思いを抱えていて……。

広告の後にも続きます

 2024年は、早くも『おいハンサム!!2』(2024年4月クール/東海テレビ・フジテレビ系)、『9ボーダー』(2024年4月クール/TBS系)にメインキャストとして出演を果たしている木南。そんな木南がフジテレビ制作のドラマに出演するのは、『レンアイ漫画家』(2021年4月クール)以来約3年ぶりで、“金9”ドラマへの出演は本作が初。また主演の山田とは、『探偵学園Q』第7話(2007年7月クール/日本テレビ系)、『セミオトコ』(2019年7月クール/テレビ朝日系)に続き本作が3度目の共演となり、今回は“担任と副担任”、“CEOと秘書”という役柄でバディを組む。

●木南晴夏(芹沢一花役)コメント

・本作への出演が決まったときの思い
瑠東(東一郎)監督とお久しぶりにご一緒できるということが楽しみです。前回<『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語』(2016年/カンテレ)>は大阪での撮影でお互いホーム感があってリラックスして撮影することができました。今回は環境が全く違いますが、そういう意味では瑠東監督がどういう演出をなさるのか、どういうチームになっていくのかが楽しみです。あとは、山田さんとも5年ぶりの共演で、前回共演したときとはまた全然違う内容なので、バディ感だったり、楽しい空気感を出していけたらいいなと思います。

・『ビリオン×スクール』の印象
「コメディータッチの学園ドラマで、基本的には明るいドラマなのですが、加賀美が放つ言葉だったり、加賀美の愛情に心が動かされるところがたくさんあるなと思います。

・演じる役の印象
社長秘書ということで、クールにズバズバと加賀美に厳しい態度を取る。でも、その裏には社長に対する愛情というものが見え隠れしていて、生徒に対してももちろん熱い思いがあって。見た目からして一見、ロボットのような冷たい人間に見えるけれど、とても人間らしく温かい心の持ち主だなと思います。

・役作りについて
私が台本を読んでのなんとなくのイメージで、モードでクールに見えるようにしたいなと思って。まず第一歩としてピシッとした髪型を作るところから始めてみました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル