top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『南くんが恋人!?』に沢村一樹、木村佳乃ら出演 “旧南くん”武田真治が飯沼愛の父親役に

Real Sound

『南くんが恋人!?』©テレビ朝日・MMJ

 武田真治が、7月期に放送されるテレビ朝日系火曜ドラマ『南くんが恋人!?』に出演することが決定した。

参考:岡田惠和が『南くんの恋人』を描き直す“意義” 現代的な“アイドル論”を絡めた作品に?

 1987年に刊行された内田春菊の漫画『南くんの恋人』を、初の“男女逆転バージョン”で映像化する本作。原作漫画は、1994年に高橋由美子&武田、2004年には深田恭子&二宮和也、と2度にわたって連続ドラマ化された。これまでの作品で15センチの手のひらサイズになってきたのは女子高生の“ちよみ”だったが、今作では“南くん”が手のひらサイズになって、ちよみの前に現れる。

 主人公・堀切ちよみを演じるのは、『VIVANT』(TBS系)、『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)などの飯沼愛。ちよみの恋人で、突然15cmの手のひらサイズになってしまう南くんこと南浩之を、FANTASTICSの八木勇征が演じる。

 1994年にテレビ朝日系で放送された『南くんの恋人』では、小さくなってしまったちよみを大切に世話しながら一緒に暮らす心優しい“南くん”を演じた武田。そんな武田が今作では、ちよみの父・信太郎を演じる。自宅の隣で焼き鳥店を営む信太郎は、ちよみとは血の繋がりがないものの、ちよみのことを大切に思っている心優しい男性だ。

広告の後にも続きます

 武田は、1994年の『南くんの恋人』は自身にとっても「出世作となった」と言い切り、「内田春菊さん原作のこの作品に再度関わることができ、うれしくて打ち震えました!」と興奮。前作では“当事者”を演じたが、今作では“当事者となってしまったちよみと南くんを見守る大人”を演じることになり、「悩みを抱える娘と向き合う、その戸惑いやハラハラを全国の娘を持つお父さんにも共感してもらえたら」と、役柄への意気込みを明かした。

 また、「もしも自分が15センチになってしまったら?」と聞かれた武田は、「僕は小さくならなかったほうだったので、30年間想像したこともなかった……」と回答。

 メインキャストの発表時に「武田さんに『南くんの恋人』をやられていた当時のことは絶対お伺いしたい」と話していたちよみ役の飯沼と、南くん役の八木。特に八木は「武田さんに当時のことを伺って、自分の南くんにも落とし込めたら……」と、共演を心待ちにしていることを明かした。

 あわせて、ちよみの祖母・百合子を加賀まりこが演じることが決定。百合子は、楓の“別れた夫の母”で、実の息子よりも嫁の楓と暮らしていくことを選び、ろくでなしの息子を家から叩き出した、という逸話を持つ。「大先生」と呼ばれ、美容室「ガーベラ」を楓とともに切り盛り。楓とは、本当の母娘のような関係を築いている。

 そして、信太郎が営む焼き鳥店の常連で、商店街で手芸店を営む“チャコ”こと木村久子役には室井滋、ちよみが所属するバスケ部のコーチでもある山高晋一役には光石研が決定した。

 さらに、本作の脚本家・岡田惠和が手がけたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』では夫婦役を演じた木村佳乃と沢村一樹が、新たな形で岡田作品に参戦。沢村が演じるのは、小さくなってしまう“南くん”の父・晴幸。ドイツ文学の教授で、妻を亡くして以来、息子と2人きりに。しかし、ここ最近は“南くん”とのやりとりもあまりなく、ちよみに様子を聞くばかり。 そんな父と息子の関係は、“南くん”が小さくなってしまったことで変化していく。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル