top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

細川岳、『虎に翼』で再び“翼”を得る 『舞いあがれ!』バードマン役からの飛躍ぶり

Real Sound

『虎に翼』写真提供=NHK

 重苦しい展開が続く朝ドラ『虎に翼』(NHK総合)。戦争によって人々が離れ離れとなり、悲しみに暮れていたのもつかの間、今度は完全なる別離を余儀なくされているところである。

参考:細川岳、トラウデン都仁など 『舞いあがれ!』スワン号に熱い思いを乗せる男たち

 これは法曹の世界を歩むヒロイン・寅子(伊藤沙莉)の物語なのだから、これからどのように話が展開していくのかはそれとなく分かる。やがてはまた希望へと向かっていくのだろう。けれどもいまは、とにかく心を落ち着けたい。そこで注目なのが、新展開に合わせて登場する新たなキャラクターたちだ。ここに“小笠原”という人物が登場するらしい。演じるのは細川岳である。

 寅子の兄・直道(上川周作)の戦死の報が届き、みんながその帰りを待ち望んでいた夫・佐田優三(仲野太賀)の死も明らかとなった第9週「男は度胸、女は愛嬌?」の第42話。第43話では、父の直言(岡部たかし)がこの世を去った。

 『虎に翼』は女性の社会進出に対する無理解が溢れかえる世の中で、寅子をはじめとする女性たちの活躍を描いた作品だ。そんな物語においても、直道、優三、直言の3人はいつだって彼女たちの味方だった。心優しい彼らの存在に、寅子も私たち視聴者も何度も救われたことだろう。戦争が終わり、復興とともに新しい時代がやってくることを未来に生きる私たちは知っている。しかし、寅子たちを取り巻く現在の状況はあまりにも悲惨すぎる。これまで物語を支えてきた男たちの存在を失ったいま、作品の手触りは大きく変わってきそうだ。

広告の後にも続きます

 そこへ登場するのが、細川が演じる小笠原。とはいえ、彼がどのような人物で、本作においていったいどんな影響を与える存在なのかはいまのところ明かされていない。寅子たちに手を差し伸べるようなキャラクターであることを期待してしまうが、果たしてどうか。 

 細川が朝ドラに出演するのはこれが2度目だ。前回は『舞いあがれ!』(2022年度後期)に重要人物のひとりとして登場し、その誠実な振る舞いによって作品の盛り上がりに貢献していたことが記憶に新しい。演じていたのは、玉本淳というキャラクター。ヒロイン・舞(福原遥)が大学で参加する人力飛行機サークル「なにわバードマン」の一員だった。仲間たちとともに人力飛行に情熱を燃やしながら、新しい世界に飛び立っていこうとするヒロインの背中をそっと優しく押そうとする玉本の性格と、これを細かなところにまでこだわりながら体現しようという細川の演技には何度も心を打たれたものだ。いまでも空を見上げるたびに思い出す。

 このような経緯があるからこそ、『虎に翼』でも誠実で温かい心を持ったキャラクターとして登場することをつい期待してしまうのだ。これは私だけではないだろう。と同時に、この期待を大きく裏切るような役どころを軽快に演じてみせる俳優・細川岳に期待してしまっている自分もいる。さあ、どうなるか。

 いまのところの彼の一番の代表作は企画段階から携わった『佐々木、イン、マイマイン』(2020年)だが、『舞いあがれ!』に出演して以降、さらに活躍の場は広がってきている。話題作となった『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(2023年)では繊細な心を持った若者のひとりを演じ、放送中のドラマ『イップス』(フジテレビ系)の第2話では物語を展開させるYouTuber役に。公開中の『ミッシング』では愛娘が失踪した母親を追う報道番組のカメラマンを演じている。ずっと前から力のあった俳優だが、『舞いあがれ!』への出演で飛躍したのは間違いない。かつて“バードマン”だった彼は、いま再び“翼”を得ることになる。劇中での小笠原の動向も気になるが、演じる細川岳の動向も気になるのだ。
(文=折田侑駿)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル