top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

GLAY、新曲「whodunit」MV公開 TERUとJAYがボーカリストとしてぶつかり合う

Real Sound

GLAY×JAY (ENHYPEN) 「whodunit」MVサムネイル

 GLAYが本日5月29日にリリースしたデビュー30周年記念シングルより、収録曲「whodunit-GLAY × JAY(ENHYPEN)-」のMVが公開された。

(関連:スピッツは21年ぶり、GLAYとHYDEは初出演……2024年のフェスはキャリアアーティストに注目

 同楽曲はデビュー30周年記念シングル『whodunit-GLAY × JAY(ENHYPEN)-/シェア』に収録されている、ENHYPENのメンバーであるJAYを迎えたコラボ作品。楽曲のボーカルレコーディングはTERUとTAKUROが韓国に行き、JAYと共に実施。TAKUROたっての希望で、JAYの歌唱パートはJAY自身が作詞を担当している。

 MVも全編韓国にて撮影をされており、TAKUROが願ったという“ボーカリストとしてのTERUとJAYのぶつかり合い”が収められている。そのほか『ONE PIECE』原作者の尾田栄一郎が手がけた30周年キービジュアルにインスピレーションを受けたCGシーンなど見どころ満載のMVとなっており、周年記念シングルに相応しい映像に仕上がっている。

■TAKURO(GLAY) コメント

広告の後にも続きます

GLAYの30周年記念シングル「whodunit」は韓国のグローバルグループであるENHYPENのメンバーのJAYを迎えて制作されました。ミュージックビデオでは今回キービジュアルを担当してくれた尾田栄一郎先生の世界観からインスパイアされた映像が随所に散りばめられ、GLAYのメンバーとJAYのヒリヒリとしたパフォーマンスが熱く描かれています。特にボーカルのTERUとJAYのせめぎ合うシーンは今までの数々のコラボレーションの中でもGLAYの歴史に残る素晴らしい名場面であるとお伝えしたいと思います。

最後にキービジュアルを作ってくれた尾田栄一郎先生、コラボレーションの申し出を快諾してくれたJAYとHYBE関係者の皆様、ペ・ミョンヒョン監督を始めとする撮影チームの皆様、本当にありがとうございました。
30年間GLAYが真摯に音楽に向き合ってきたことへの最高のご褒美になりました。GLAYメンバー一同を代表して改めてお礼申し上げます。

■MV監督 ペ・ミョンヒョン コメント

2020年に’Into the Wild’の撮影で助監督を務めたのがきっかけで、今回のミュージックビデオの監督を務めることになり、とても光栄でした。

4年ぶりにお目にかかるGLAYのメンバー達でしたが、時間が経ったにもかかわらず、メンバー達のアクティングやかっこよさはむしろさらにかっこよくなっていて驚きました。

撮影現場ではたくさんのシーンを撮るのが大変だったと思いますが、’かっこいいからもう一度しよう’とか‘監督が望む通りに!’など、情熱を見せて下さって感動しました。おかげで全てのスタッフがメンバー達に劣らない情熱を持って撮影に臨むことが出来ました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル