top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

打者がドン引き! 一体、何が起こった…!? ド軍バッターの特大ホームランが“奪われた”決定的瞬間 球場が揺れた好プレー「すごいジャンプ力」「タイミングも完璧」

ABEMA TIMES

【MLB】メッツ2-5ドジャース(5月28日(日本時間(5月29日))                

【映像】特大ジャンプ→ホームランを奪い取る瞬間

5月28日(日本時間(5月29日)に米・ニューヨーク州ニューヨークのシティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対ロサンゼルス・ドジャースのダブルヘッダー・第1戦で、メッツのセンターを守るタイロン・テイラーが見せた“ホームランブロック”が、野球ファンの間で注目を集めている。

0-0で迎えたこの試合の2回表・ドジャースの攻撃。この回先頭の5番テオスカー・ヘルナンデスが放った打球は、センター方向へと舞い上がりながら伸びる大飛球に。打った瞬間に手応えを感じたのか、テオスカーも“確信歩き”のようにゆっくりと走りはじめ、打球もバックスクリーンに向ってそのまま伸び続けることとなったが、これをセンターのタイロン・テイラーは、フェンス際のところでタイミングを合わせてジャンプ。飛距離的にはスタンド側へと入っていた打球をグラブで叩き落とすような形でフィールド側へと弾き、ホームランを阻止。ホームラン性の打球を、自身の好守で2ベースヒットに留めることとなった。

こうしたテイラーの守備に、日本の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「すごいジャンプだな」「捕れなくても叩き落とせばいいわけだなw」「タイミングも完璧だしすげえプレーだと思うわ」「打ったテオスカーの方からしたらとんだ災難よw」「阪急の山森みたいやなw」「これからもホームランハンターとしてこういうプレーを狙って欲しいわw」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル