「トレース」4話に涙の展開!錦戸のセリフに胸揺さぶられる

「トレース」4話に涙の展開!錦戸のセリフに胸揺さぶられる
1月28日、錦戸亮(34)主演ドラマ『トレース 科捜研の男』(フジテレビ系)の第4話が放送された。   科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸)と新人研究員・沢口ノンナ(新木優子・25)が、捜査一課の虎丸良平(船越

1月28日、錦戸亮(34)主演ドラマ『トレース 科捜研の男』(フジテレビ系)の第4話が放送された。

 

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸)と新人研究員・沢口ノンナ(新木優子・25)が、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎・58)と共に事件の“トレース”(痕跡)から真相を追求するドラマ。

 

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範・44)の兄・浩司(やべきょうすけ・45)が遺体で発見される。第一発見者は、相楽。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死。凶器は家にあった包丁だった。

 

虎丸は被害者が殺害された後に家を荒らされたとし、強盗に見せかけた顔見知りの犯行と主張する。だが真野の鑑定によると、被害者以外のDNA型は見つからなかった。

 

事情聴取で相楽は、兄は金銭トラブルで殺されたのではないかと話す。自分も300万円貸したままだという。「アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎」と相楽は言い放つが、金を借りた相手と金額をリストにしていた浩司。虎丸は、それをもとに犯人を絞り込もうとしていた。

 

しかし、捜査をしても証拠が出ない。そんなとき、浩司が生命保険に入っていたことを知る。また何年も会っていないと話していた相楽だが、3日前に兄と会っていた。しかも相楽は多額の借金をしていたのだ。

 

警察に重要参考人として任意同行を求められる相楽。いっぽう真野はまたもや依頼以外の鑑定を続けていた。そして毛髪の解析からなんと大麻が3か月前から使用されていたことを掴む。相楽に容疑をかけていた虎丸だったが、その結果から大麻絡みの事件に巻き込まれた可能性を示唆。大麻の元締めで2年前に逮捕されていた富岡を追う。

 

相楽は浩司が大麻を使用していることを知っていた。身内に犯罪者が出ることを恐れた相楽は、発見現場で大麻を処分しようと家中を引っ掻き回したのだ。真野に怒りをあらわにする相楽。「お前はただ人の秘密を暴いて楽しんでいるだけだ」と罵る。

 

実は、浩司は胃がんで余命3か月の状態だった。大麻を使用していたのは、痛みを抑えるためだった。余命を宣告された1年前から、近くの工場で痛みに耐えながら働き続けた。それがたった一人の大切な弟に最後にしてやれることだった。そして保険金を残そうとした浩司は保険期間の終了が今月に迫ったことを知り、他殺に見せかけ自殺したのだった。

 

今回は科捜研の仕事の範疇を超えて好き勝手に行動する真野と、それを嫌う相楽との正面対決。真野の納得できる結果が判明するまで、ありとあらゆる手段で鑑定する必要性を論じたものだった。

 

ノンナは、真野が死の真相を明らかにするために必死になっている背中を見てきた。「明らかになる事実が相楽にとってより辛い事実だけですから」という同僚を背に、「真相を追求することをやめてはいけないんじゃないでしょうか。真実のカケラを拾い集めることが科捜研の仕事だと思います」と告げる。そして彼女自ら依頼されていない鑑定を始めるところなどは、注目のシーンだった。

 

真野の「鑑定結果こそ真実」という信念によって、今回の事件も解決した。相楽とその兄、真野、ノンナの心情がていねいに描かれ、そして胸を揺さぶられるセリフがせつないシーンを盛り上げた。やるせない結末だったが、視聴者の涙を誘ったのは間違いない。

 

次回は、黒鷹山の山道付近で殺害遺体が発見される。そしてその遺体の周辺に18年前に誘拐され、そのまま行方不明になっている幼児の毛髪が……。この2つの事件の関係性はいかに。

更新日:2019年1月30日
提供元:女性自身

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(テレビ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME