top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

お刺身に合うレモンチューハイ⁉ 新商品「甘くない檸檬堂 無糖レモン」が大人の心をつかんできた

マイナビウーマン

最近、コンビニやスーパーではさまざまな無糖系チューハイを見かけるようになったな〜と思うこの頃。アルコール飲料市場でも無糖系チューハイが成長傾向にあるほか、食事に合わせて飲む、いわゆる“食中酒”のニーズが高まっているんだそうです。

確かに、いつもの食事にお酒がぴったりマッチした瞬間って、本当に幸せな気持ちになりますよね。今回は、お刺身や肉じゃがなど、いつもの食事に合うレモンチューハイ「甘くない檸檬堂 無糖レモン」をひと足早く体験してきました! 味わいなどの魅力をたっぷりとご紹介します。

■“引き算”ではなく“足し算”でつくる新製法

「檸檬堂(れもんどう)」は、日本コカ・コーラ株式会社が製造・販売しているお酒ブランド。2024年5月27日発売の「甘くない檸檬堂 無糖レモン」は、食事に合わせるために開発された新商品で、みずみずしいレモンを存分に楽しめる味わいが特徴です。

製品開発部・矢野 寛明さんいわく「ここ(完成)に至るまで、本当にさまざまな苦労がありました」とのこと。だからこそ、こだわりを知ってほしいと話しました。

広告の後にも続きます

「甘くない檸檬堂 無糖レモン」で目指したポイントは「檸檬堂らしい無糖」「食事をもっとおいしくする味わい」の2つ。「檸檬堂らしい自然なレモン感を持った、アイデンティティの確立された無糖のチューハイを目指しました」と矢野さんは語ります。

まず「檸檬堂 定番レモン」から糖を抜いてみたそうですが、びっくりするほどおいしくなかったんだそう。檸檬堂ならではの“濃厚なレモン感”が、糖を抜くとかえって仇になり、苦味として残ったんだそうです。

次に風味を抜いてみたところ、スッキリはしたものの、檸檬堂らしさがなくなってしまう……。

このジレンマを解決したのは、“一からレモンエキスを作る”こと。檸檬堂を作るうえで欠かせない“前割り製法”を採用し、無糖に合うよう進化させたレモンエキスを“足す”ことで「甘くない檸檬堂 無糖レモン」の名にふさわしい味わいに仕上がったそうです。

■お刺身に、肉じゃがに……いつものおかずをおいしく!

今回の新製品発表会では、マーケティング本部・事業本部長の福満 静儀さんも登壇。檸檬堂のコンセプトや歴史について語りました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル