top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新鮮な驚きと感動を与える透明な美の世界! 「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」 京都国立近代美術館にて開催!

cinefil

倉俣史朗(くらまた しろう)(1934–1991)は、1960年代以降の日本を代表するインテリアデザイナーで、従来用いられなかったアクリル、ガラス、建材用のアルミなどの工業素材を用い、独自の美の世界を創造しました。
          
当時まだインテリアデザイナーという職種が認識されていなかった頃、透明なアクリルを使用して、まるで商品が浮いているようにみえる棚、光そのものに形を与えたかのようなショーケースなど、倉俣の創造する新しい世界は、注目を集め、イタリアのデザイン運動「メンフィス」に参加すると、一躍、国際的な評価を高めました。                              デザイナーとして独立の後、遊び心を感じさせる変型の引出し、板硝子を貼り合わせ最小限の構造を突き詰めた椅子、造花のバラが浮遊するアクリルブロックの椅子など、倉俣の美学に基づいて生み出された作品は、今も人々に新鮮な驚きと感動を与えます。

このたび、京都国立近代美術館にて2024年6月11日~8月18日まで、「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」が開催されます。
「倉俣史朗の世界」展が1999年に開催されてから25年を経て、再び京都に倉俣史朗の代表作が帰ってきます。東京・富山を巡回した本展は、京都会場で幕を閉じます。

本展では、倉俣自身の言葉を辿りながら、創作の源泉ともいえる夢日記などの資料とともに、デザイナーとして独立する以前の20代の頃から、56才という若さで突然、この世を去るまでにデザインした家具やインテリアが時代順に紹介されています。
倉俣が「言葉で語れない部分を形で言おう」とした家具たちは、大切に保管されて受け継がれ、今もその魅力を発揮しています。

プロローグ 浮遊への手がかり

倉俣は、銀座のランドマークとなる商業施設「三愛ドリームセンター」の店内設計の仕事を機に、都市の商業空間のインテリアデザインを志しました。                      本章では、独立前の仕事を収めた「スクラップブック」などが展示されています。

第1章 視覚より少し奥へ1965–1968

1965年にはクラマタデザイン事務所を設立して独立します。商業施設のインテリアデザインを行う一方で、商品化を前提とせず、自主的に制作した家具を発表していきます。           この章では、《引出しの家具》、《ピラミッドの家具》などが展示されています。

第2章 引出しのなか1969–1975

広告の後にも続きます

倉俣史朗《変型の家具Side 1》 1970年青島商店エムプラス蔵
撮影:渞忠之© Kuramata Design Office

白い化粧板と黒のポリウレタン塗装からなる《変型の家具 Side 1》は、18の引出をもつS字カーブが美しい曲線の家具。

倉俣史朗《ランプ(オバQ)[小]》1972年個人蔵
撮影:渞忠之© Kuramata Design Office

《ランプ(オバQ)[小]》は、アクリルを熱で変形させた照明器具。
光もまた、素材として倉俣の作品を形成しているようです。

第3章 引力と無重力1976–1987

倉俣史朗《硝子の椅子》 1976年京都国立近代美術館蔵
撮影:渞忠之© Kuramata Design Office

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル