top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

人類初の月面着陸 人類が目撃したのは、リアルか、フェイクか 「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」予告

映画スクエア

 2024年7月19日より劇場公開される、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタム、ウディ・ハレルソン主演の映画「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」の、日本版予告が公開された。

 日本版予告は、「1969年、人類初の月面着陸計画は失敗の連続だった」というナレーションと、予期せぬ爆発シーンで幕をあける。最悪な状況を打破するべくNASAに雇われたのは、PRマーケティングのプロであるケリーだった。彼女の前に現れたのは、実直な発射責任者のコール。あの手この手を駆使してアポロ計画を全世界に向けてアピールするケリーに、「NASAにPRは必要ない」とコールが注文をつける。一方でケリーも、インタビュー取材をうまくいかせるために、コール本人は登場させずにコールを演じる別の役者を雇うなどやりたい放題を見せる。

 ケリーのPRが功を奏してアポロ11号の発射に世界中の注目が集まる中、米政府の役人モーは、「ロシア人に先を越されてはならない。“もう一つ”の月面着陸を撮影する」と、とんでもない命令をケリーに下す。“フェイク映像を作る”という、まさかの超極秘命令を受けたケリー。厳戒態勢の中で偽の月面着陸の映像制作にまっしぐらなケリーに、コールは「フェイクなんてやめろ!今までの努力が水の泡だ」と声を荒らげる。そんな中、NASAのコントロールセンターではアポロ11号発射のカウントダウンが始まる。

 「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」は、1969年の月面着陸をモチーフにした作品。美貌と巧みな話術でNASAや世界中の人々を軽快に欺いていくPRのプロであるケリーを演じるのはスカーレット・ヨハンソン。本作では、プロデューサーとしても名を連ねている。ケリーと敵対する実直なNASAの発射責任者コール役をチャニング・テイタムが務めるほか、ニクソン大統領の側近として超極秘ミッションを企てる男・モー役をウディ・ハレルソンが演じる。監督は「フリー・ガイ」でプロデューサーを務めたグレッグ・バーランティ。

【作品情報】
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
2024年7月19日(金)より全国の映画館にて公開

 
   

ランキング(映画)

ジャンル