top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

舞台は田舎からニューヨークへ 音を立てずに生き残れるか 「クワイエット・プレイス:DAY 1」ポスター

映画スクエア

 2024年6月28日より日米同時公開される、シリーズ最新作「クワイエット・プレイス:DAY 1」の、新ポスタービジュアルが公開された。

 ビジュアルでは、主人公の女性・サミラ(ルピタ・ニョンゴ)が口元を抑え、街に降り注ぐ無数の火球に驚がくしている姿と、彼女とともに地獄と化したニューヨークをサバイブすることになるビジネスマン風の男性・エリック(ジョセフ・クイン)の姿が捉えられている。「大都市ニューヨーク 音を立てずに、生き残れるか」のコピーの通り、前2作の舞台だった片田舎とは打って変わった、世界随一の大都市という“音を立てないことが不可能”な場所が舞台となることが描き出されている。

 あわせて、新たな場面写真も公開された。サミラが目に涙を浮かべながら立ち尽くしているカットのほか、サミラが相棒の猫・フロドを抱えながら、群衆とともに逃げ惑う姿。さらに、シリーズ2作目「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」にも登場し、劇中でニューヨークから避難してきたことを示唆するセリフもあった男(ジャイモン・フンスー)が、今作で初めて登場する謎の男(アレックス・ウルフ)やサミラとともに、暗闇の中でライトを照らしているカットも見られる。

 「クワイエット・プレイス:DAY 1」は、突如出現した、“音”に反応して襲い掛かる謎の生命体に支配された世界を舞台に、“沈黙”を守り生存を試みる家族の姿を描いたサバイバル・ホラーシリーズの最新作。世界が沈黙した日「DAY 1」を描く本作の舞台は、これまでの田舎町から一転し、音を出さないことが不可能」な大都市・ニューヨーク。阿鼻叫喚の群衆や、彼らの日常が破壊されてゆく様子が描かれる。

【作品情報】
クワイエット・プレイス:DAY 1
2024年6月28日(金) 日米同時公開
©2024 PARAMOUNT PICTURES

 
   

ランキング(映画)

ジャンル