top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【現地突撃ルポ】有権者10億人が熱狂する世界最大級「インド総選挙」が面白い!

週プレNEWS


「ふたつの芽」のシンボルがついたTMCの旗を持ち、行進する支持者たち

「政」を”まつりごと”と読むように、かつて祭事と政治は一体のものだった。しかし、現代においてもお祭り騒ぎのような政治が行なわれている国がある。現在、総選挙真っ最中のインドである。

規模も熱量も気温も「今世界で一番熱い選挙」を、現地在住のライターが突撃取材!?  インド政治に詳しい専門家による解説も!

■「世界最大の選挙」が始まった!

インド第3の都市コルカタ。ここは5月でも気温は35℃を優に超え、湿度も高い灼熱の日々が続く。しかし、人々は暑さを物ともせずに選挙カーと共に街を練り歩き、選挙集会で大声を張り上げる。

そう、インドは今「世界最大規模」とも称される5年に1度行なわれる下院総選挙の真っ最中! 有権者数は9億6800万人、投票期間は4月19日から6月1日までの1ヵ月半の間に州や地域ごとに7回に分けて行なわれ、投票所の数は100万ヵ所、費用は2兆円と聞けば、その規模の大きさが想像できるだろうか。

広告の後にも続きます

今回の選挙は、2014年から首相を務める「インド人民党(BJP)」党首のナレンドラ・モディ首相が3期目に入るかが争点。現在73歳のモディ氏は、貧しい紅茶(チャイ)売りの家に生まれながら、首相にまで上り詰めた、叩き上げの政治家。庶民派としてインド国内で圧倒的な支持を得る一方、批判の声も大きい。

多宗教国家であるインドでは、憲法で「すべての宗教は平等」とされているのだが、モディ政権はマジョリティであるヒンドゥー教徒をひいきしているのだ。

実際、イスラム教徒が多数を占める州の自治権を撤廃するなど、ヒンドゥー至上主義の姿勢を強めている。自身に批判的なメディアに対する報道規制も厳しく、英BBC制作の批判的なドキュメンタリーが国内放映禁止にされたこともある。

こうした、マイノリティを排除し報道の自由を制限する姿勢は、国際的にも強く批判されている。

また、インドの経済発展の裏には失業やインフレの問題もある。そんな状況に対して、「国民会議派」を中心とする野党連合は、「モディ打破」を掲げて今回の総選挙に臨んでいる。

だが、「与党」対「野党連合」という単純な図式に収まらないのが、インドの奥深さ。事実、コルカタを州都とする西ベンガル州では「地域政党」が圧倒的な強さを誇っているのだ。

■地元人気の地域政党vsお祭り騒ぎの与党
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル