top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

中日、3試合連続完封勝ち 髙橋宏8回途中無失点で2勝目、ディカーソン2号!

ベースボールキング

中日、3試合連続完封勝ち 髙橋宏8回途中無失点で2勝目、ディカーソン2号!(C)ベースボールキング

○ 中日 3 - 0 西武 ●
<1回戦・バンテリンドーム>

 交流戦白星発進の中日は3試合連続の完封勝利。5月18日時点で最大5つあった借金は1つとなった。

 中日打線は0-0で迎えた3回、先頭の8番・岡林がチーム初安打となる左前打を放つと、これを左翼・コルデロが後逸(記録は二塁打)。無死二塁で9番・髙橋宏の投犠打を、今度は相手先発・今井が三塁へ悪送球(記録は犠打野選)し、労せず先制点を奪った。その後も一死三塁の好機を作り、2番・田中がカウント2-2からスクイズを決め三走・髙橋宏が生還。この回は相手のミスに乗じ1安打で2点を奪った。

 4回は5番・ディカーソンが、2号ソロを右翼ポール際へ運び3点目。腰痛から5月24日に復帰した新助っ人は、これで復帰後4試合で2本塁打目となった。

 先発の髙橋宏は2回、先頭の4番・中村に左中間突破の二塁打を許すも、後続をピシャリと封じ無失点。3回以降は危なげなくゼロを重ねた。続投した8回は一死から四球と安打を与えたところで降板。それでも一死一、二塁でリリーフした2番手・清水が、西武の1番・源田を二ゴロ併殺に仕留めゼロを刻んだ。

 3点リードの9回は守護神・マルティネスが締めリーグトップを更新する15セーブ目(0勝1敗)。8回途中4安打無失点の髙橋宏は2勝目を手にした。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル