top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ドジャースは頂点に立てる…?MLBライバル球団と徹底比較。現地メディアの予想は?【MLB】

ベースボールチャンネル

ドジャースは頂点に立てる…?MLBライバル球団と徹底比較。現地メディアの予想は?【MLB】(C)ベースボールチャンネル
メジャーリーグ 最新情報

 

今シーズンの大谷翔平はSPOTV NOWで全試合生中継!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 

 実力、組織力、育成力のすべてが拮抗し、両者共にナショナルリーグの盟主ともいえるロサンゼルス・ドジャースとアトランタ・ブレーブス。今季も例年通りMLB最高勝率はどちらかであろうと予想されていたが、開幕から1か月半が経ち各々の成績、勢いなどが分かってきた。ここまでの現地の予想、評価を見てみよう。(各成績は日本時間5月16日時点)

 

主要米メディアの順位予想、見方

 
『ESPN』
ドジャース1位、ブレーブス4位
※打線,投手陣共にギアを上げている

 
『The Athletic』
ドジャース1位、ブレーブス2位:
※クローザーの故障は後に響くかもしれない

広告の後にも続きます

 
『MLB.com』
ドジャース1位、ブレーブス4位
※ベッツがチーム2番目なんておかしい

予想システム

『Fangraphs』
ワールドシリーズ優勝確率: ドジャース20.1%(1位)、ブレーブス18.4%(2位)
 
『PECOTA Standings』
シーズン勝利数予想: ドジャース102.6勝、ブレーブス99.6勝
 
 チームが好調の間は当たり前のことかもしれないが、上記の通り、どのメディアもドジャースを絶賛している。そのうえでウォーカー・ビューラーが戻ってくるのはアンフェアだという論調だ。
 
 一方で、ブレーブスに対しては打線の不調や、昨季20勝を記録したスペンサー・ストライダーの故障による今季全休など不安要素があるものの、本来の調子を取り戻せばトップに戻るだろうと予想している。
 
 これは予想システムにも表れていて、ドジャースは開幕前からランクが上がり1位になってはいるものの、遠くない2位にブレーブスがつけている。
 

 

両チームの成績

 以下成績はドジャース、ブレーブスの順(日本時間5月16日時点)
 
勝-敗
29-16 NL西地区1位 7.5差、26-14 NL東地区2位 3.0差
 
ピタゴラス勝率(※得失点差計算)
31-14、25-15
 
先発投手防御率
3.24、3.39
 
先発投手イニング/1先発
5.2、5.6
 
救援投手防御率
3.05、3.32
 
野手wRC+(※打席当たりの得点創出の多さを「リーグで平均的な打者を100」とした場合、
何パーセント得点を多く創出しているか。)
126、110
 
チームOAA(※平均的な選手よりどれだけ多くアウトを奪ったか)
+12、+7
 
故障者リスト入り(注目選手のみ)
エバン・フィリップス、ボビー・ミラー含む12人、
ショーン・マーフィー、スペンサー・ストライダー含む5人

序盤の不調を乗り越え、予期された完全体スーパーチームへ


 
 開幕前から言われていたが、やはりドジャースの打線は強力だ。ムーキー・ベッツ、大谷翔平のMVP級の活躍、ルーキーのアンディ・パヘス、新戦力のテオスカー・ヘルナンデスの好調もあり、「wRC+」126、「WAR」(※選手の貢献度)12.4はメジャー1位となっている。
 
 また、今季は守備力が大幅にアップしている。昨季9人だった「OAA」がプラス値の選手は今季既に10人を超えている。特に昨季-7を記録したマックス・マンシーの三塁守備は+1、昨季を全休したギャビン・ラックスの2塁守備は+2を記録し、強固な内野陣を形成している。
 

 
 昨季プレーオフでは第2試合でルーキーのボビー・ミラーが投げる羽目になってしまった先発陣だが、今季は見違える安定感を発揮しており、しっかりとイニングを消化できている。
 
 先発陣で6回以上を投げたのはタイラー・グラスノーが9回中7回、山本由伸が9回中4回、ギャビン・ストーンが8回中4回となっている。
 
 さらにはミラーが故障者リスト入りし、ビューラーが手術明けで本調子でない中でもルーキーのランドン・ナックやマイナー契約のエリエザー・ヘルナンデスなどが登板し、しっかりと試合を作っている。
 
 救援陣も盤石だ。開幕からハイレバレッジな場面で登板を予定されていたエバン・フィリップス、ジョー・ケリー、ライアン・ブレイジャー、ブラスダー・グラテオルが故障離脱しているが、ダニエル・ハドソン、ブレーク・トライネンの復帰、アレックス・ベシア、マイケル・グローブのステップアップなどに助けられメジャー4位の防御率3.05をブルペン全体で記録している。
 
 このままの安定感を維持した上で、オールスター前後にクレイトン・カーショー、エメット・シーアン、カイル・ハートが順調に復帰すればメジャートップの投手陣を形成できるだろう。

補強は大成功…一方で生え抜きのスター選手が絶不調

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル