top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

天才作曲家ラヴェルが生み出し、魂を奪われた名曲の秘話「ボレロ 永遠の旋律」

キネマ旬報WEB

 

不朽の名曲『ボレロ』は、生み出した作曲家モーリス・ラヴェルにとって憎しみの対象でもあった──。名曲誕生秘話を描いた「ボレロ 永遠の旋律」が、8月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開。ビジュアルと予告編が到着した。

 

 

1928年のパリ。深刻なスランプに陥ったモーリス・ラヴェルは、ダンサーのイダ・ルビンシュタインにバレエ音楽を依頼されたものの、一音も書けない。

広告の後にも続きます

失った閃きを追い求めるように、人生を振り返るラヴェル。戦争の痛み、叶わぬ愛、母との別れ──。そうして魂に潜り、すべてを注いで『ボレロ』を作り上げるが……。

 

 

監督は「ココ・アヴァン・シャネル」「夜明けの祈り」のアンヌ・フォンテーヌ。ラヴェルを演じるのは「黒いスーツを着た男」のラファエル・ペルソナ。生涯にわたるミューズのミシア役には「ベル・エポックでもう一度」のドリヤ・ティリエ。さらにイダ役でジャンヌ・バリバール、ラヴェルを支えるシパ役でヴァンサン・ペレーズが登場する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル