高橋一生がラブドール職人役に!パワーワードすぎると話題

高橋一生がラブドール職人役に!パワーワードすぎると話題
高橋一生(38)主演映画「ロマンスドール」が今秋公開されると1月29日に発表された。監督であるタナダユキ(43)の同名小説が原作で、ヒロインを蒼井優(33)が務める。高橋はなんと、ラブドール職人・哲雄を演じるという。 &

高橋一生(38)主演映画「ロマンスドール」が今秋公開されると1月29日に発表された。監督であるタナダユキ(43)の同名小説が原作で、ヒロインを蒼井優(33)が務める。高橋はなんと、ラブドール職人・哲雄を演じるという。

 

各メディアによると高橋は哲雄を演じるため「実際にラブドール工場に見学に行き、ドールづくりについて学びました」と明かしている。また高橋は蒼井について「ご自身の俳優としての在り方をしっかりと持っている、素晴らしい方です」とコメント。さらに「会話の自然な雰囲気を大切にし、園子としていてくださるので、僕たちはいつでも園子と哲雄になることができます」と語ったという。

 

Twitterでは高橋と蒼井の共演に、喜びの声が上がっている。

 

《高橋一生さんと蒼井優さんなんて、最高の組み合わせではないか!》
《二人は小説みたいな芝居ができる役者さん。美しく綴られた活字達を、表情とか佇まいとか台詞以外の手法で伝えることに長けている》
《高橋一生さんがラブドール職人役って時点で結構ヤバめだし興奮するのに、さらに蒼井優さんと夫婦役、かつ大人のラブストーリーだと聞いた私の全細胞が「ありがとう……ありがとう……」って泣いてる》

 

いっぽう高橋とラブドールという組み合わせに驚きの声も。

 

《『高橋一生が作ったラブドール』というパワーワード》
《真剣な眼差しでラブドールを観察したりする一生さんを想像するだけで……》
《ラブドール作りを学んだという1文にノックアウトされているこれは家族にはまだ言えない情報》

 

高橋と蒼井が共演するのは01年の映画「リリイ・シュシュのすべて」以来、約18年ぶり。さらに監督を務めるタナダと蒼井は08年の映画『百万円と苦虫女』でもタッグを組んでいる。どちらも、今でも熱狂的なファンの多い作品だ。

 

「さらに『ロマンスドール』にはベテランのラブドール職人役のきたろうさん(70)を筆頭に、ピエール瀧さん(51)や渡辺えりさん(64)といったクセの強い俳優陣が続々出演しています。ラブドールをテーマにしているものの、ラブストーリーだという同作。映画ファンのなかではすでに期待の一本となっています」(映画関係者)

更新日:2019年1月30日
提供元:女性自身

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME