top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

鳴尾記念は“池江記念”!? 調教師の同一重賞最多勝利タイとなる8勝目なるか

netkeiba.com

鳴尾記念は“池江記念”!? 調教師の同一重賞最多勝利タイとなる8勝目なるか(C)netkeiba.com

 今年も主役の座は譲らない。池江泰寿厩舎がボッケリーニ(牡8)とディープモンスター(牡6)の2頭出しで、鳴尾記念(3歳以上・GIII・芝2000m)の3年連続8勝目を狙う。

 ファンの間では「池江記念」の称されることもある本レース。池江厩舎は鳴尾記念に延べ17頭を出走させて、12年トゥザグローリー、15年ラブリーデイ、16年サトノノブレス、17年ステイインシアトル、18年ストロングタイタン、22年ヴェルトライゼンデ、23年ボッケリーニで勝利。全て違う馬で4連覇を含む7勝、かつ2連覇中だから凄い。84年のグレード制導入以降に限ると、同一重賞7勝は藤沢和雄調教師の京王杯スプリングCの8勝に次ぐ記録だ。

 今年は豪華2頭出しで挑む。エース格はボッケリーニだ。20年の中日新聞杯、22年の目黒記念、そして昨年の鳴尾記念と重賞3勝の実力馬。ここ1年は勝利がないが、重賞の2着が3回もあり、8歳でも決して衰えはない。集中力に課題があるものの、仕掛けのタイミング一つで連覇に手が届くだろう。一方のディープモンスターは重賞こそ未勝利だが、オープン特別を3勝している。小倉大賞典を出走取消となった悔しさを、仕切り直しの一戦で晴らしたい。

 3年連続の8勝目、さらには厩舎初の鳴尾記念ワンツーとなるか。2頭の走りに要注目だ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル