top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

SB級「敵なし」の井上尚弥、フェザー級で「モンスター」待ち構えるツワモノたち 注目される2人のメキシコ人王者

J-CASTニュース

プロボクシングのスーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、31)が同級で無双している。

井上は22年12月の試合を最後に、バンタム級からスーパーバンタム級に転向。23年7月にWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、29)を破り、同年12月にWAB・IBF同級王者マーロン・タパレス(フィリピン、32)と4団体王座統一戦を行い、10回KOで王座統一に成功。わずか2試合で4本のベルトを手にした。

井上の次戦候補はグッドマンと元世界王者ドヘニー

そして、24年5月6日には元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ、29)を6回TKOで下し、4団体の王座防衛に成功。すでにスーパーバンタム級で「敵なし」状態だが、年内は同級に留まり防衛戦を行っていく見通しで、次期防衛戦は9月に予定されている。

その次期防衛戦の対戦相手は、いまのところ未定。IBF・WBO世界スーパーバンタム級1位サム・グッドマン(オーストラリア、25)と元IBF同級王者で現WBO同級2位のテレンス・ジョン・ドヘニー(アイルランド、37)が候補に挙がっている。

このほかに、元WBA・IBF世界スーパーバンタム級王者でWBA同級1位ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、29)が井上への挑戦権を保持しており、近い将来、対戦する可能性がある。

広告の後にも続きます

バンタム級に続いてスーパーバンタム級でも4団体王座統一を達成した「モンスター」。海外のボクシング専門メディアをはじめ、関係者やファンの間で注目されるのが「井上は何階級を制覇できるのか?」だ。

これまでライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級、スーパーバンタム級の4階級を制し、フェザー級に上げるのは時間の問題とみられる。井上にとって5階級目となるフェザー級にはどのような強豪が待ち受けるのか。

「ロペスがこの試合に勝つことに私の家を賭けてもいい」

主要4団体の世界王者を見てみると、WBAはレイモンド・フォード(米国、25)、WBCは亀田和毅(TMK、32)に勝利した経験を持つレイ・バルガス(メキシコ、33)が王座に君臨。そしてWBOは、ラファエル・エスピノサ(メキシコ、30)、IBFはルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ、30)がベルトを保持している。

この4王者の中で、井上との対戦に興味を示しているのがIBF王者のロペスだ。

ロペス陣営は、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン」(WEB版)の取材に対し、打倒井上に絶対の自信を見せたという。

記事では、ロペスのマネジャーを務めるフェルナンデス氏が「ロペスが井上をノックアウトすると思う。ロペスがこの試合に勝つことに私の家を賭けてもいい」と言い放った。ロペス自身も井上戦を望んでおり、Xに「井上尚弥が126(フェザー級)に昇格するのを静かに待っている」とのコメントを投稿した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル