top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【#蓮舫出馬】小池百合子と激突の都知事選を足がかりに「衆院選⇒女性初の総理」の野望

アサ芸プラス

 立憲民主党の蓮舫参院議員が東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に立候補する意向を表明した。蓮舫氏は「反自民党政治、非小池都政の姿勢で臨みたい」と述べ、3選を目指す小池百合子都知事への対抗心をむき出しにした。

 小池知事をめぐっては、最近の衆院東京15区(江東区)補欠選挙で、自らが推した候補が敗れるなど「小池神話」に翳りが見えるが、自身の選挙では無類の強さを発揮してきた。

 蓮舫氏としてもそのことは百も承知だけに、永田町では、

「蓮舫氏は負けたとしても、次期衆院選に鞍替えを図るのではないか」(自民党東京選出議員)

 との観測が出ている。

広告の後にも続きます

 蓮舫氏は民進党代表だった2016年にも、衆院比例代表単独で東京ブロックの名簿登載順位1位として、立候補する可能性が報じられた。「女性初の首相」への意欲を見せる蓮舫氏は、

「その足掛かりとして、都知事選を利用しようとしているのではないか」(前出・自民党東京選出議員)

 というわけだ。というのも、出馬の記者会見で蓮舫氏が強調したのは、

「裏金議員、政治とカネの自民党、絶対に許さない。納税者の気持ち、誰よりも考えなければいけない都民の気持ちに寄り添いたい」

 つまりこれは自民党の「政治とカネ」をめぐる問題であり、都政への具体的な公約の説明はないなど、まるで国政選挙のような出馬会見だったからだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル