top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

つい、手や指の皮を… 髪の生え際の皮膚を… 「皮膚むしり症」を精神科医が原因&治療法解説

オトナンサー


「皮膚むしり症」とは…

【閲覧注意】あなたの体にもできている? 「赤いほくろのようなもの」の正体とは

 ついつい手や指の皮をむしってしまったり、髪の生え際などを引っかき、むしってしまう「皮膚むしり症」のことを知っていますか。自身が、このような行為をしていなくても、周囲の人が自身の皮膚をひっかいたり、むしってしまうといった行動を見かけたことがある人もいるかもしれません。そこで、どのような病気なのか、精神科専門医の田中伸一郎さんに解説してもらいました。

「皮膚むしり症」は比較的新しい病気

Q. 「皮膚むしり症」の人に特徴的な行動とはどのようなものでしょうか。

田中さん「具体的には、爪や先のとがった物などを用いて、自分の手足の指、足の裏、鼻と口のまわり、髪の生え際などの皮膚を引っ掻き、むしってしまうものを『皮膚むしり症』といいます。初めは皮膚の角化した所が気になって…ちょっとイライラを発散させるため…など、意識的に皮膚を引っ掻き、むしっていることが少なくありません。しかし、繰り返すうちに嗜癖(しへき)的になって、やめたくてもやめられない状態に至り、傷口から出血したり、細菌感染などしたり、して日常生活に支障が出るようになると、皮膚むしり症と診断されるでしょう。

広告の後にも続きます

ちなみに、皮膚むしり症は、『爪むしり症』や『抜毛症』と同じで、強迫症(強迫性障害)のグループに含まれる病気と考えられています」

Q.皮膚むしり症になる原因や、なりやすい人の傾向を教えてください。

田中さん「実は、皮膚むしり、抜毛などの行為自体は動物でも観察されていて、何らかのストレスがあるために出現するのではないかといわれています。
ヒトの場合、思春期を中心にさまざまな年齢層でみられ、男性より女性に多いとされています。また、やはり何らかのストレスが原因ではないかと考えられていますが、原因不明なことも多いように思います。

先述したように、皮膚むしり症は、強迫症(強迫性障害)のグループに含まれます。そのため、きちょうめんで完璧主義の性格傾向が極端な『強迫性パーソナリティ症(強迫性パーソナリティ障害)』と関連がある可能性があり、加えて、忙しくなりすぎたり、逆に暇になりすぎたりするなどの環境変化の影響によって発症することが指摘されていますが、現在のところ、確定的なことはわかっていません」

Q. 皮膚むしり症(自傷皮膚症)の治療とはどのようなものでしょうか。

田中さん「現在、アメリカ精神医学会に従って『皮膚むしり症は病気なので治療する』ということになっています。しかし、例えば、強迫症(強迫性障害)で使われる薬を用いても劇的な効果をみることはそれほど多くはありません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル