top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

サラブレッドの三大始祖

乗馬メディア EQUIA

サラブレッドの三大始祖をご存知でしょうか?
世界中にいるすべてのサラブレッドの父系の血統を遡っていくと、わずか3頭の馬に辿りつきます。この3頭をサラブレッドの三大始祖といいます。
三大始祖の馬名は、ダーレー・アラビアン、ゴドルフィン・アラビアン(またはゴドルフィン・バルブともいう)、バイアリー・タークです。

今回は、サラブレッドの三大始祖についてまとめました。

バイアリー・ターク(Byerley Turk)

写真はイメージです

バイアリー・タークは、三大始祖のうち一番早く誕生しました。
1679年頃オスマン・トルコ帝国で生まれ、イギリスに渡り軍馬として活躍したそうです。その後種牡馬入りし、1705年に亡くなったと言われていますが、その生涯については諸説あります。

イギリス軍がオスマン・トルコ帝国軍との戦いの際に、敗走するトルコ軍よりバイアリータークを奪取し、イギリスに持ち帰りました。捕獲時の推定年齢は8歳とのことです。

バイアリー・タークの名前の由来ですが、イギリス軍のバイアリー大尉(のちに大佐)が軍馬として騎乗していた馬であることから、この名前が付きました。タークとは、「トルコの馬」という意味です。
軍馬として活躍しつつ、競走馬としてもレースに出走していた時期もありましたが、バイアリー大佐が軍を退役したことでバイアリー・タークも軍馬を引退し、種牡馬となったそうです。

広告の後にも続きます

種牡馬としてのバイアリー・タークは繁殖牝馬に恵まれず、産駒に活躍馬はいませんでした。

そのバイアリー・タークの名を世界に知らしめたのは、5代目産駒のヘロドです。バイアリー・タークは、ヘロドを介して後世に影響を与えました。特に、現在のサラブレッドの毛色に鹿毛や黒鹿毛が多いのは、バイアリー・タークの血統を引き継いでいるからなのだそうです。

日本では、バイアリー・タークの血統を引き継ぐパーソロンが種牡馬として輸入され、その子のシンボリルドルフやメジロアサマ、さらにはトウカイテイオーやメジロマックイーンへとその血統が引き継がれました。

ダーレー・アラビアン(Darley Arabian)

 ダーレー・アラビアンは1679年頃、オスマン=トルコのアレッポ(現在のシリア北西部の都市)で誕生したと言われています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル