top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ラーメンが太るなんてもう言わせない‼︎ “六厘舎”が新たに手掛ける“スターマッスルラーメン”とは?

ガジェット通信

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。「ラーメン=太る」といまだ言われ続けている。もちろんカロリーの高いラーメンもあるが、そうでないラーメンもある。ラーメンであろうとなかろうとカロリーの高い食べ物を食べ続ければ太るというだけなので、ラーメンばかりを悪者にしないでほしいなと常々思っている。

そんな中、店頭に「ラーメンが太るなんてもう言わせない‼︎」とデカデカと書いてあるお店が東京・神田に誕生した。その名も「スターマッスルラーメン」

つけ麺の横綱“六厘舎”グループの新ブランドで、“舎鈴”の神田大手町店だった場所がこちらのお店にリニューアルした。

ラーメンは醤油、塩、サラダ麺とあり、チャーシューがチキン、ポークから選べる。さらにサイドメニューにチャーハンがある。全メニューのカロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量が表で出ていて、ラーメン類はスープ完飲時と半分残し時の両方が出ている。これはわかりやすい。

「醤油マッスルラーメン(ポーク)」「半チャーハン」を注文。

広告の後にも続きます

具はチャーシューたくさん、ニラ、ネギ、ナルト、メンマ。麺は太め。

スープは豚骨、鶏ガラをベースに野菜ポタージュをブレンドし、カロリーをそこまで上げずに厚みを稼いでいる。ちょっとザラっとしたスープの秘密はここ。タマネギ、生姜、ニンニク、椎茸の茎をブレンドしているそう。こってりしているがスープを飲んでいて罪悪感がないのが良い。チャーシューが5枚も乗っているのもサイコーだ。

半チャーハンは町中華的な神保町テイスト。軽い味わいでスープとの相性もバツグンだ。

コンセプトが楽しいし、美味しい。“六厘舎”の新たな挑戦、ぜひ体験してみていただきたい。

スターマッスルラーメン
東京都千代田区内神田2丁目2-5 光正ビル
03-6260-8563

(執筆者: 井手隊長)

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル