top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【鳴尾記念展望】宝塚記念の前哨戦、前走GI組に妙味あり

netkeiba.com

【鳴尾記念展望】宝塚記念の前哨戦、前走GI組に妙味あり(C)netkeiba.com

 76回の長い歴史の中で、幾度も時期と条件変更が繰り返されてきたレース。6月に移り宝塚記念の前哨戦として位置づけられるようになったのは2012年からで、21年と22年に関しては京都競馬場改修に伴う変則開催により中京で施行された。今年は阪神競馬場の改修があり、変則で京都競馬場で行われる。

1.前走GI組が強くGIII組は苦戦

 中京開催も含めた過去10回で、前走GI組は[3-2-3-13]で複勝率38.1%なのに対して、前走GIII組は[1-3-2-29]で複勝率17.1%。苦戦傾向となっている。なお、前走GII組は可もなく不可もなく[3-2-2-18]で複勝率28.0%だ。

2.前走好走した馬

 前走3着以内の馬はそれぞれ単勝回収率が100%を大きく超えていて、これらを全て買っても[5-2-3-21]で勝率16.1%、単勝回収率235%に上る。複勝率も32.3%と高く、複勝回収率も107%と100%を超えている。

3.中2週のローテーションが狙い目

 間隔をゆったりとった馬も好走しているが、妙味でいうと中2週のローテーションがベスト。[2-4-2-16]で複勝率33.3%、複勝回収率は225%と高くなっている。この中には条件戦やオープン特別から好走している馬もいるので、注意が必要だ。

 スカーフェイスは前走で天皇賞(春)を走って11着。敗れはしたが、この距離で勝ち馬から2.2秒差なら悪くない。その前はオープン特別で連続4着と大崩れしていないし、距離は今回の2000mがベスト。一発の魅力は十分。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル