top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『SAKAMOTO DAYS』2025年1月TVアニメ化&ティザーPV公開 坂本太郎役は杉田智和

Real Sound

『SAKAMOTO DAYS』©鈴木祐斗/集英社・SAKAMOTO DAYS 製作委員会

 『週刊少年ジャンプ』にて連載中の漫画『SAKAMOTO DAYS』が2025年1月にTVアニメ化されることが決定し、あわせてティザービジュアルとティザーPVが公開された。

参考:『スクイズ』から『じいさんばあさん若返る』まで ラブコメアニメの“恋愛観”が多様化?

 『週刊少年ジャンプ』にて2020年から連載中で、累計発行部数500万部を突破している鈴木祐斗による『SAKAMOTO DAYS』。元・伝説の殺し屋である坂本太郎が、愛する家族との平和な日常を守るため、仲間と共に迫りくる刺客と戦う、殺し屋ソリッドアクションストーリーだ。

 坂本太郎役を務めるのは、『銀魂』坂田銀時役、『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥役で知られる杉田智和。『バトルスピリッツ』シリーズ、『バーテンダー』の渡辺正樹が監督を務め、『Dr.STONE』シリーズ、『弱虫ペダル』シリーズのトムス・エンタテインメントがアニメーション制作を担当する。

 公開されたティザーPVは、坂本太郎を中心に物語の軸となる坂本商店のメンバーの様子が垣間見えるほか、本作の見どころでもあるアクションシーンが盛り込まれている。

広告の後にも続きます

 あわせて公開されたティザービジュアルには、主人公である坂本太郎の現在と過去の姿が描かれている。

 アニメ化発表に際して、原作の鈴木、監督の渡辺、坂本太郎役の杉田からはコメントも到着した。 

■コメント
・鈴木祐斗(原作)
『SAKAMOTO DAYS』、アニメ化します!
自分の作品をテレビで見られるとは、驚きです!
これも全て応援してくださったファンの皆様のおかげです、本当にありがとうございます!!
これからも一緒に『SAKAMOTO DAYS』を盛り上げていただけたら嬉しいです!
よろしくお願いいたします!

・渡辺正樹(監督)
はじめて漫画『SAKAMOTO DAYS』を読ませていただいた時、迫力あるアクション描写にワクワクした覚えがあります。
アニメ『SAKAMOTO DAYS』はその気持ちを軸に映像ならではの「動き」「色」「音」の要素を加えて躍動感とスピード感ある作品にしたいと考えています。
また、原作に散りばめられたユーモアも忘れず、家族想いで、殺さない殺し屋という坂本のキャラクターも大切に描いていきたいと思っています。
スタッフ一同鋭意作成中ですので公開まで楽しみにお待ちくださいませ!

・杉田智和(坂本太郎役)
え? 『SAKAMOTO DAYS』、アニメやるの? ああ、出るの!?
何役? 坂本太郎!? すごい!!
最近太ってきたから、役作りは何となくバッチリだよ。
え? 坂本は細くもなる? ですよね……。
やると決めたら半端はしません。誠心誠意演じます。よろしくお願いします!
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル