top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

若葉竜也、民放連ドラ『アンメット』出演の背景と覚悟 杉咲花は「何よりも人間性が素敵」

Real Sound

若葉竜也(撮影:はぎひさこ)

 今期連続ドラマの中でもっとも評価の高い作品と言っても過言ではない、カンテレ・フジテレビ系の月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』。主演の杉咲花と共にドラマの根幹となっているのが、脳外科医・三瓶役の若葉竜也だ。子役からキャリアをスタートし、ここ数年は“映画俳優”として数々の名監督とタッグを組んできた若葉は、なぜ今回久しぶりに地上波連続ドラマに出演しようと思ったのか。NHK連続テレビ小説『おちょやん』や映画『市子』などで共演を重ねてきた杉咲との信頼関係や、俳優としての自身のポリシーなどを語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

参考:若葉竜也が日本のドラマ界を変える? 三瓶役が話題の『アンメット』で担う役者以上の役割

ーー若葉さんが民放の連続ドラマに出演するのはかなり久々ですよね。まずは出演を決めたきっかけから教えていただけますか。

若葉竜也(以下、若葉):一番大きかったのは、プロデューサーの米田(孝)さんの作品に対する熱烈な思いです。そこに反応した、というのが出演を決めた理由でした。

ーー米田さんとは具体的にどういうやりとりを?

広告の後にも続きます

若葉:“こんな企画があるので一度お話をさせてください”というオファーを受けて、最初は正直「テレビか……どうしようかな」と思っていて。その後、米田さんは大阪に住んでいらっしゃるんですけど、新幹線に乗って僕の家の近くの喫茶店まで来てくれて、そこで話をしたんですよね。そこで『アンメット』をドラマにしたい理由や、やる意義を熱烈に話してくださったんです。その姿を見て、出演を決めました。

ーー熱烈な思いに感化されたと。

若葉:そうですね。ただ、やる上では条件もありました。自分が連続ドラマに出演するのであれば、こういう体制を整えてほしいというリクエストをして、その条件を呑んでいただけるのであればぜひ、と。

ーーその“条件”について、具体的に教えてもらってもいいですか?

若葉:まずは脚本ですよね。しっかり入り込める脚本を作ること。あとは現場を作業のように進めていかないということだったり、カメラひとつとっても、フレームレートまで細かくこだわりたいということを事前にお話しして、そういうところまで考えてもらいたいということをお伝えしました。従来の民放ドラマではたどり着けなかったようなところにタッチしたいという思いがあったので。

ーー実際に放送を拝見していても、そのこだわりは随所に感じられます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル