top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「9ボーダー」“陽太”木戸大聖を推す声が急増 「陽ちゃんが好き」「気が利いて頼りがいがあって最高」

エンタメOVO

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第6話が、24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマンラブストーリー。

 失踪していた父・五郎(高橋克実)が、謎の少年(齋藤潤)と共に帰ってきた。経営難の「おおば湯」をなんとかするために全国の銭湯を巡ってヒントを探していた五郎は、旅先で出会った銭湯に興味があるという少年を「おおば湯」で働かせたいと思い、連れて帰ってきたのだという。

 五郎のマイペースさにいらだちながらも、少年を迎え入れる七苗(川口)たち。しかし、その少年は何か訳ありの様子で、かたくなに心を閉ざしていた。そんな中、五郎は七苗たちが進める「おおば湯リニューアル計画」に難色を示して…。

 第6話では、五郎が連れて帰って来た謎の少年の名前が品川九吾であり、七苗たち3姉妹の弟であることが発覚。初めは心を閉ざしていた九吾だったが、亡き母について3姉妹と本音で語り合ったことで、家族として一歩前進する姿が描かれた。

広告の後にも続きます

 放送終了後、SNS上には、「弟がいたなんてびっくり。これは予想できない展開」「急に弟がいると知ったら複雑な気持ちになるわ」「九吾が生意気でかわいい。みんなで一緒に九吾の誕生日も祝ったところで泣いた」「弟役の齋藤潤くんがかわいくて仕方ない。壊れそうに張り詰めた感じの少年役がいい」といった感想が投稿された。

 また、3姉妹と幼なじみの陽太(木戸大聖)について、「木戸大聖くんがカッコいい。陽太役がめちゃくちゃ合っていて最高」「八海(畑芽育)が家を飛び出したときだけじゃなく、全く知らない九吾が飛び出したときも来て、そっと隣にいてくれる陽ちゃんが好き」「陽太くんがイイ。優しくて気が利いて頼り甲斐もあって顔がかわいいとか最高」「陽ちゃんの優しさに救われる。私が陽ちゃんと付き合いたい」などの反響も集まった。

 このほか「3姉妹が仲良しでいいなと思う」「そろそろコウタロウ(松下洸平)の過去についても深堀りしてほしい」といった声も寄せられた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル