top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『婚カツ!』から『ミス・ターゲット』まで 時代とともに変わる“婚活ドラマ”の変遷を辿る

Real Sound

『ミス・ターゲット』©︎ABCテレビ

 気づくと、“理想の相手と結婚するための活動=婚活”という言葉がすっかり浸透している。「婚活」をテーマにした2024年春クールのドラマでは、現在放送中の『ミス・ターゲット』(ABCテレビ・テレビ朝日0)を食い入るように視聴。筆者自身、独身時代に友人の紹介、合コン、婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所の他あらゆる手段でパートナーを探し、対面で話した男性は4年間で約1000人に上った体験をもとにしたエッセイ本『どうしても、結婚したかった。1000人の男性と出会った私の婚活ラプソディー』(発行:東京ニュース通信社/発売:講談社)を上梓したほど、すっかり婚活には詳しくなってしまった。

参考:王道ラブストーリーの『ミス・ターゲット』は挑戦的なドラマだ すみれの空回りが愛おしい

 だからこそ、“婚活ドラマ”があるとより注目してしまうのだ。『ミス・ターゲット』で主演を務める松本まりかは、原宿でのスカウトをきっかけに芸能界へ。2000年の女優デビュー後も下積みが長く続いたが、2018年のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)の怪演で注目を集めて開花した印象があるだけに、今回はさまざまな男性を手玉に取ってきた百戦錬磨の結婚詐欺師・朝倉すみれ役として、詐欺師が本気の婚活に乗り出すエンタメラブストーリーをどのように紡いでいくのか、ラストスパートに向けて注視している。

 そんな婚活をテーマにしたドラマを振り返ると多々あれど、平成の頃の婚活ドラマでは、当時SMAPのメンバーとして活躍していた中居正広が主演した月9ドラマ『婚カツ!』(2009年/フジテレビ系 )を思い出す。同ドラマは、働き盛りの30代で不況のため職を失った“草食男子”の雨宮邦之(中居正広)が、住んでいる区の臨時職員として採用されるも、採用条件が“既婚者”だったため、結婚予定があると嘘をつく。嘘がバレるとまた職を失い、彼の実家のとんかつ屋を継ぎたくないために、前途多難な婚活がスタートするというストーリー。中居と、同作が月9初ヒロインだった上戸彩とのかけあいや、商店街の人間模様もほのぼのとしたラブコメディで、週の始めに観るのにぴったりの軽やかなドラマだった。今では名司会者として知られる中居だが、また演技をする姿も見てみたいものだ。

 『婚カツ!』と時を同じくして、2009年の流行語大賞にもノミネートされていた言葉「婚活」や「草食男子」だが、この頃から巷でもだんだんと、婚活が定着。SNSなども台頭したことから、令和の現在はすっかり抵抗なく婚活する男女が増えている。平成時代は婚活が新鮮で珍しく、トレンドとしてキャッチーな事象だったため、ドラマにも積極的に組み込まれるようになっていった。以降現在まで、婚活を軸にさまざまなファクターが加えられて、婚活ドラマが度々登場することとなった。

広告の後にも続きます

 2024年に入ってからも、男性にモテる職業No.1のはずが、常に多忙で結婚できないナース専門の結婚相談所を描いた矢田亜希子主演の『ナースが婚活』(テレビ東京系)や、イケメンなのにモテない探偵が婚活しながら事件を解決していく向井理主演の『婚活探偵』(2022年/BSテレ東、BSテレ東4K)の再放送、生涯のパートナーを求めて日々奮闘する売れない小説家が幽霊となったクズ男とバディを組んで婚活する福田麻貴(3時のヒロイン)主演の『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)、そして現在放送中の春クールのドラマ『ミス・ターゲット』と続々。

 ドラマの主役といえば美男美女と相場は決まっているが、そこにお笑い芸人の福田を主演に持ってきた『婚活1000本ノック』は、運命の相手探しに奮闘する主人公が愛嬌のあるキャラクターに仕上がり、婚活模様をリアルに感じさせる効果もあり、コミカルなテンポ感も相まってすんなり楽しめた。そう、婚活ドラマはどこかポップさがないと面白くない。そもそも身近なところでパートナーと出会い、とんとん拍子に結婚できれば、誰も苦労はしない。婚活していると、自分が相手を見るように、相手からも見られる。実に疲れることもしばしばあるものだからこそ、せめてドラマの世界では、娯楽としてのエンターテインメントを提供してほしいのだ。

 実際のところ、日本人の生涯未婚率(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)は上昇していて、「国税調査報告」により算出された、国立社会保証・人口問題研究所調べの「人口統計資料集(2024年)※」によると、2020年時点で男性は約28%、女性は約18%が未婚。男性はだいたい3人に1人、女性はだいたい5人に1人が、50歳の時点でまだ結婚していないという現状がある。

 だからこそ、今後も恋愛だけではなく、結婚や婚活をテーマにしたドラマは生まれ続けるだろう。配信番組においても、恋愛や婚活のリアリティー番組が、日本をはじめとした世界中で配信されている。令和の現在、個性が尊重されやすい時代でもあり、必ずしも結婚しなくてもいいし、自分の生き方は自分でデザインしていい時代。そんななかで、今後も婚活ドラマがどんな変遷を辿っていくのか、見守っていこうと思うのだ。

参照
※ 国立社会保障・人口問題研究所ホームページ(https://www.ipss.go.jp/)
(文=かわむらあみり)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル