top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

川西賢志郎、役者業挑戦の背景と今後の展望を語る 芸人としては「ライブを確実にやりたい」

Real Sound

川西賢志郎(撮影:池村隆司)

 松本まりか主演ドラマ『ミス・ターゲット』(ABCテレビ・テレビ朝日系)は、さまざまな男を手玉に取ってきた百戦錬磨の女性結婚詐欺師が、本気の婚活に乗り出すエンタメラブストーリー。平成初期を彷彿とさせるような“王道”な展開が、話題を集めている。

参考:上杉柊平、鈴木愛理、川西賢志郎ら、松本まりか主演ドラマ『ミス・ターゲット』出演へ

 そんな本作でドラマ初出演を果たしているのが、3月末でコンビを解散した元和牛の川西賢志郎だ。川西が演じているのは、ヒロインすみれ(松本まりか)の恋のお相手・宗春(上杉柊平)の幼なじみ・稲垣謙。2人の恋を後押しする“キーマン”的存在になっている。

 このドラマのオファーを受けたときの心境や撮影現場の雰囲気、そして漫才に対する熱意を、川西がたっぷりと語ってくれた。(編集部)

ーードラマ出演のオファーが来たとき、率直にどう思われましたか?

広告の後にも続きます

川西賢志郎(以下、川西):まずは、感謝ですよね。ありがとうございます、と。ただ、僕が演じている稲垣謙って、最初は標準語のキャラクターだったんです。カジュアルな会話を標準語でやると嘘くさくなってしまいそうだなと思ったので、マネージャーを通して先方とお話をさせていただきました。感情を乗せるとなると、関西弁じゃないのはどうしても違和感があって。

ーーそれでは、台本も一気に変更を?

川西:台本は標準語なので、現場で関西弁にトランスレートさせていただくことになりました。たとえば、「いい感じじゃん」という台詞があったら、「ええ感じやんけ」に変更するみたいな。「変えちゃっていいよ」と言っていただけたので。本当にありがたいですよね。

ーーお芝居にはもともと興味があったのでしょうか?

川西:実は、以前もお話をいただいていたことがあったんです。でも、コンビで活動していたころは、劇場のスケジュールだけで3カ月先まで埋まってしまっていて。その空いているところに仕事を詰めていく感じだったので、お断りするしかなかったんです。だから、タイミングにも運命的なめぐり合わせを感じましたね。幸いなことに、ガサッとスケジュールをお渡しすることができたので(笑)。

ーーでは、お話をもらったのはコンビ解散が決まったあと?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル