top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

腰痛の原因にも!自分に合ったマットレスの選び方

アサジョ

 日頃から「なんだか腰が痛い」と感じていながらも、「歳のせいだから……」とあきらめていませんか? もしかしたらそれ、睡眠中の姿勢やマットレスが原因かもしれませんよ。

 マットレスなどを手掛ける「ZINUS」(ジヌス)の日本法人ZINUS JAPANが全国の20~60代の男女600名を対象に行った『現在使用しているベッドマットレスに関する調査』によると、70%の人が「自分の身体に合ったマットレスの選び方が分からない」と回答し、28%の人が「現在使用しているベッドは身体に合っていない」と回答していました。

 身体に合ったマットレスは、身体の痛みや違和感の軽減につながる可能性があるといわれているため、マットレス選びは慎重に正しく行いたいものです。

■ベッドマットレスの選び方とは?

 この調査結果を受けて整形外科医の富和清訓さんは、ベッドマットレスの正しい選び方について次のように述べています。

広告の後にも続きます

「マットレスを選ぶ際は実際に一晩寝てみて『寝返りのしやすさ』『仰臥位(仰向けの姿勢)での寝心地』『入眠姿勢』の3つのポイントについて振り返ることが理想的です。とくに、寝返りがしにくいと局所の筋肉の緊張が強くなり、肩凝りや腰痛を悪化させたり、発汗調節が難しくなったりすることが想定されます」

 とはいえ、低反発や高反発、ウレタンやボンネルコイルなど、マットレスには素材や硬さなどの種類がいろいろあって、なかなか選びにくいものですよね。そこで、富和さんはポイントとして次の2つを挙げていました。

●体重に合った硬さ(体圧分散性)

 自分の身体に合った硬さのマットレスを使用すると、全身で均一に体重を支えて自然な寝姿勢になり、腰痛や疲労感の軽減につながるそうです。硬過ぎても軟らか過ぎてもNGなんですね。

 例えば、ウレタンマットレスではニュートン値という硬さの基準があるので、自分の理想的な硬さをみつけて数値で覚えておき、購入時に確認するとよさそうです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル